■ななちゃんねる通信■

nanacode.exblog.jp
ブログトップ

■火野正平とこころの旅■

ゆうべ、仕事の合間にちょっとだけ気分転換、
のつもりで点けたテレビに火野正平が出ていた。
NHKの【こころ旅】という番組。
視聴者から寄せられたの思い出の地を、火野正平が自転車で旅するという番組だ。

昨日は、【昨年亡くなった母と、毎年行っていた場所です】
と寄せられたハガキを元に、
その視聴者がハガキに綴った旅のルートをそっくりそのまま追っていた内容だった。

なんだか、ひっさしぶりに火野正平を映像で見て、
で、なんだか妙に惹かれてしまって、
結局最後まで観てしまった。



火野正平・・・。

確か、私が高校の時だったと思う。
あいまいな記憶なので、はっきりとは覚えていないのだが、
当時のワイドショーで、
彼の女性問題について連日報道していたことがあったのだ。

浮名を流していた火野正平の写真と、
複数の美しい有名女優さんの写真が横並びになっていて、
芸能レポーターとおぼしき人が、
【この人とはこーなっていて、この人とはこーなっていて・・・】
と、説明していた。
おそらくフタマタかけたとか、ミマタかけたとか、
(そうかどうかは分からないけれど)誰が妊娠したとか、結婚したとか離婚したとか、
そういう類のことだったのだろう。

女性問題の内容も、複数の美しい女優さんも、
何がどうなって誰と関係していたのか全く記憶にないのだけれど、
高校生の私が【カッコイイ】と思える隙が微塵もない、
顔中無精ひげだらけで汚い感じのおっさんの写真を見て、
【なんでみんなこんな人を好きになるんだろうか?】
と心底疑問に思ったのだけは記憶に鮮明に残っているのだ。

私は当時あまりテレビを観ていなかったのもあり、
火野正平という人の名前と顔を知ったのは、それが最初だった。
対して女優陣はテレビを観ない私ですら知っている人たちばっかりだった。
(誰だったかは覚えていないのだけれど、知らない人ではなかったのだよ)

つまり、私としては、
たいして有名でもなく(・・・ただ自分が無知だったということなんだけれど)、
かっこよくもなく、おまけに汚い感じの男に、
なんで美しい有名人がこんなにもたくさん入れあげてしまうのだろうと、
当時、それが不思議でならなかったのだ。

その報道があって数日。
学校で複数の友人と話していた時、話の途中で友人のひとりが、
【あんたは火野正平かよ!】みたいな突っ込みを入れ、
爆笑を誘ったのをきっかけに、火野正平の話になった。

その輪の中に、ちょっとおマセなAちゃんがいたのだが、
彼女は火野正平はかっこよくてたまんない!と言った。
彼だったらドロドロの問題に巻き込まれてもいい、と。
えええ!だ。

私にとっては、タイプじゃないけど、まぁいいじゃん。
みたいな範疇をもとうに超え、生理的にNGな境地にいた火野正平。
それを同じ高校生のAちゃんはたまんなくイイうえに、
抱かれてもいい、みたいなことも言っていたのだ。
【抱かれる】という、
その奥にある男と女の間の深くて暗い河の正体もおぼろげなのに、
Aちゃんはそんなことをうっとりと言っていた。

よっくわかんね。

だった。
火野正平がいいというそのセンスと嗅覚が。



時は経ち、昨日。

なんてチャーミングな人なんだろうと、
テレビ画面の火野正平をうっとりと観ていた自分に気付き、
同時に上記のエピソードを急に思い出し、げげげーっとなった。
あたしはこの人をヤダと思ったではないか!と。

三つ子の魂百までということわざもあるけれど、
それは全てには当てはまらないと私は思っている。
仕事の業種や環境、周囲の人間関係によって、
考え方や嗜好、行動、言動は変わり、
生まれ変わって、幼いころとは別人のようになることもあるのだ。と。
(良い方向か悪い方向かは別ですが)

汚くてヤダと嫌悪感を感じていた火野正平を、
チャーミングとまで思ってしまった私の嗜好を変えたものって、
何だったのだろう。
ま、実生活でいいなと思う人は火野正平とは真逆ではありますが。

https://www.nhk.or.jp/kokorotabi/index2.html ← この番組です。

華美なBGMも何もなく、番組じたいは非常に淡々としているのだが、
なかなか泣かせ上手なのだ。火野正平は。

そういえば旅の途中の港で会ったおばちゃんに、
【あれ、あんたどっかでみたことあんねー。誰だっけぇ?
ほら、あの有名な人に似てるよね。あのスケベそうな人】
と言われていたな。
妙に面白い場面だった。


ところで、
Aちゃんはいまでも火野正平のようなタイプが好きなんだろうか。
高校から数えると25年余。
25年経ってやっと、
当時のAちゃんのセンスと嗅覚を理解できるようになった。
この差は大きい。

Aちゃんは女手ひとつで頑張って子供を育てている。
42歳とは思えない童顔で、とてもチャーミングなコだ。
[PR]
by nanacode | 2011-05-15 13:01 | ■日々のつぶやき■