■ななちゃんねる通信■

nanacode.exblog.jp
ブログトップ

近所に

f0151838_13342236.jpg

豆大福で有名なお店がある。

程よい塩気がきいたソレは大変美味で、
この近所はもちろん、
噂では某皇族の方も顧客らしい、とのこと。
芸能人の、
楽屋のおつかいものとして、
テレビで紹介されてたのを見たこともある。

好みもありましょうが、
私が今まで食べた中では一番好きな味。
よく利用している。


かなり繁盛しているので、
小さいお店ながらも常時5〜6人働いている人がいるのだが、
私はその中のひとりのおねぃさんが好きだ。
年の頃は私と同世代ってとこ…かな。

はっきり言うと愛想のかけらもない。
笑った顔を見たことがない。
いつも目の下あたりに憂いを抱えている表情をしている。

が、
激しく美人なのだ。

化粧っ気がないので、
本当に本物の美人なのだ。

失礼ながら、なんでここにいるのかな、って感じで、
ひとり浮いている。

これまた勝手な推測だけど、
本人も【あたしはここでちんまりしてるタマじゃないのに…】と、
思ってるんじゃないかと、
そんな風に感じる。
そういう表情をしている。

私はこのおねぃさんを見るたんび、
頭の中で勝手に小説を書き上げる。

豆大福を売っているけど、
国際的なスパイ。
とか、
夜はどっかでひっそりバーをやってる。
とか、
…他は書けない。
わはは。

悲しみで憂い顔というよりは、
怒りや不満で憂い顔、
って感じなおねぃさん。
私がここに越して七年。
いつ行ってもそんな表情で一貫しているので、
気分屋というわけではない。
その顔が標準なのだ。

一度話してみたい。


対してここのご主人(多分後継ぎさん)は、
いつもニコニコ愛想がよい。
雨の日は【足元が悪い中すみませんねぇ】
晴れの日は【今日はいいお天気ですねぇ】
お金を払えば【いつもありがとうございます、またよろしくお願いしますね】

嫌味なくニコニコと愛想がよい。

が、
一度、
パートさんたちに【誰?この注文受けたの?!数違うでしょうっ!】と、
注文ミスにイライラし、
声を荒げているのを見てしまったことがある。
(そこは本当にあっというまに売り切れになるので、
一個単位の注文ミスは大きく響くのだ)

はぁ、この人も怒るんだー。
と暖簾の間から盗み見して私。
家政婦は見た状態だな、まるで。


今日はこれからリハーサルなので、差し入れにと豆大福を買った。
憂い顔のおねぃさんが対応してくれた。


そういえば、一度、
ひょんなところで、おねぃさんを見たことがあった。
相変わらず美しい憂い顔だった。
[PR]
by nanacode | 2011-05-18 13:34 | ■日々のつぶやき■