■ななちゃんねる通信■

nanacode.exblog.jp
ブログトップ

行方不明

大切な人が亡くなったり、
大切に飼っていたペットが死んだりすると、
本当に本当に悲しいものだけれど、
それは現実。
冷たい様だけど、それ以上もそれ以下もないので、
その先は悲しみと折り合って行くしかないと思っている。

でも、大切な人やペットが行方不明、
というのは、ちょっと別。

どっちの悲しみが深いか、
なんて比べるものではないけれど、
後者は生存の現状が見えないだけに、
残された人は、
日々拷問されているのに近いのではないかと思うのです。

こういう話を誰ともしたことがないけれど、
駅や交番、はたまた街中の電柱などに貼られている、
尋ね人や迷子ペットのお知らせを見るたび、
毎回どんよりと胸が苦しくなっています。
そして、いつか自分が役に立てたらと、
ほとんどのポスターの内容を実は今でも覚えています。
幸い、私は脳内の顔ニューロンが発達しているのか、
人の顔を覚えるのが刑事並みにすごいのです。

覚えている中には、
1900年代からの尋ね人もいたりします。
自分と同じ誕生日に行方不明になった人もいました。
おそらくもう存命の可能性は低かろうに、
それでもその家族は、
もしかしたら今日帰って来るかも、
という望みだけを生きがいに、
針のむしろのような思いをかかえて長い年月、
そして今もなお過ごしているのかと思うと、
鉛を飲んだような気持ちになります。


近所の電柱に数ヶ月前から、
迷子ペットのお知らせが貼ってあります。

はーちゃんという茶トラ猫♀と、
ターくんというキジトラ♂の猫。
飼い主はそれぞれ別だけれど、
小さなポスターから、どれだけ愛情が深いのかひしひしと伝わってきます。

ほぼ毎日、そのポスターの前を通るので、
いつもいつも気にしていたけれど、
昨日の夜と、今日の夕方、
すぐ近所で、汚いキジトラ猫を発見。

昨夜は暗かったので、自信はなかったけど、
今日はまだまだ明るい時間帯だったのではっきり見たのです。
ポスターの写真と類似した模様の猫を。

近寄ったらすぐ逃げてしまった。
間違いかもしれないけど、、、でも。
迷ったけれど、ポスターに書いてあった番号に電話しました。

年老いた感じの女性が出る。
娘が詳しいから、娘が帰ってきたら折り返しすると言う。
そしてなんと娘さんは正に今、
猫を探しに出かけている最中とのこと。
昨日も探しに出かけててねー、と言う。

程なくして、娘さんから電話。
間違いだったらごめんなさいと断ったけれど、
探している人にとってはそんな言葉、
耳に入らなかったでありましょう。

見かけた住所や時間帯のやりとりをした後、
彼女はこう言った。

もう一年以上探してるんですよ

え!!!
ポスターには、2月に居なくなってと書いてあったけれど、
まさか昨年の2月だったとは。

聞けば、近所にポスターを貼っていたけれど、
なかなか見つからないので、
数ヶ月前、範囲を広げてポスターを張り出したと言う。
その一枚がうちの近所の、というわけだ。

キジトラは汚かったけれど、痩せてはいなかった。
それだけは伝えた。
本当に病的な感じではなかったのだ。

電話の声は明るかった。
ありがとうございます、ありがとうございますと何度も何度も言う。
ああ、私は、
期待を持たせてしまった、、、。
何とも言えない気持ち。

電話を切ってから、
自転車で30分ぐらい近所を走って探した。
しかし、相手は猫。
警戒心が強いのは言わずもがな。
狭いところに隠れるのは上手だし、
見つけたとて捕まえるのはおろか、
触ることすら至難の技でありましょう。
もちろん見つけられませんでした。

たかが猫。
でも誰かの大切な大切な命だ。
月並みな言葉だけど、
見つかりますように。
うちの近所のキジトラがターくんでありますように。
今一度、会えますように。
お腹を空かせていませんように。



犬猫一匹でも行方不明となるとしんどいのに、
ましてや人間となると、
その身内の苦悩は計り知れない。

連日、どこぞの学園の問題や、
オリンピック問題、
豊洲の問題、
誰と誰が不倫してるだの、
忖度だのなんだのと、
話題は尽きない永田町劇場ではありますが、
私はそんなことどうでも良いと思っています。
不倫だって忖度だって、
どうぞどうぞ好きにおやりなさいまし。

ただただ、拉致被害者を救うことを、
どんな問題よりも一番に取り上げて取り組んでほしいと、
いろんなニュースで世間から忘れ去られてしまうたびに思っている、
私が今、政治に期待を持っていることはそれだけです。

誰にも話したことはないけれど、
毎日毎日毎日毎日、
拉致問題が解決することを、
本当に本当に本気で思い続けて祈っています。
時折テレビで観る、横田さんご夫妻は、
ご老齢で痛々しくて、
こう言っては何ですが、
いわゆるごくごく普通の方が、
ほんの少しのボタンの掛け違いで、
なんでそんな運命を生きることになってしまったのだろうかと思うのです。
この世は無常とは言うけれど、
その無常はいくら何でも酷すぎる。



はーちゃんもターくんも、
おうちに戻れますように。

駅や交番で見た行方不明の方々の消息がわかりますように。

そして、拉致問題に光が見えますように。


[PR]
by nanacode | 2017-05-25 19:54