■ななちゃんねる通信■

nanacode.exblog.jp
ブログトップ

子育て卒業!

f0151838_01305923.jpg

まぁ❤️なんとかわゆい❤️
恋人同士みたいです。


大学生のお子さん、
特に息子さんを持つお母さんたちに、
宅のおぼっちゃまが進学する前に、
いろいろと今時の大学生の生態について聞いていたのだが、
見事にその通りな毎日。

泊まり歩いて帰ってこない
たまに帰るのは着替えのため
家にいるときは寝てる
家にいたとしても起きたらすぐ遊びに行く
遊びに行かない日はバイト
電話に出ない、通じない、
ラインの返事こない、そもそも読んでない
向こうから連絡が来るときはお金か食べ物のこと

まぁ、こんなところだろうか。

一昨日から泊まりでサークルの仲間と四国へ行ってきたおぼっちゃま。
友人の車で20時間掛かったそうだ。
友人って言ったって、
免許持ってるって言ったって、
まだまだガキんちょではないか!!
四国までだなんて!!
おーー怖い、、、(´༎ຶོρ༎ຶོ`)

もちろん旅の最中、連絡はなし。
さっきやっと連絡があったけれど、
帰るから晩メシ作っといて、のひとこと。

いそいそと晩メシを作って待ってたら、
秒で食いやがって、
着替えをまとめ、
また友達の家へ泊まりに行ってしまった。

はぁ、、、(-_-)


危なっかしいのと怪しいのとで、
いろいろ心配は尽きないけど、
でも、ここは自分の踏ん張りどころ。
よっぽどの悪さをしていない限り、
説教してはならぬ。
家にいないのは自立のいい訓練だ。


乳児はしっかり肌を離すな。
幼児は肌を離せ手を離すな。
少年は手を離せ目を離すな。
青年は目を離せ心を離すな。

小学生は暗くなる前に帰りなさい。
中学生は暗くなったら帰りなさい。
高校生は日付が変わる前に帰りなさい。
大学生は盆と正月くらいは帰りなさい。
大学院生は帰れる家があることに感謝しなさい。
社会人になったら、
子どもが安心して帰ってこれるような家を、
今度は自分がつくれるようにしなさい。


子育ての真似事を始めてから、
いろいろ迷った時に出会った言葉の中で、
これがいちばん心に響いた言葉かな。
とても有名な言葉らしいけど、
独身だったら知らなかったし、
この言葉の感覚がよくわからなかった、きっと。


危なっかしいことやってるなーと分かっていても、
善悪の判断はじゅうぶんじゅうぶん分かってるはず。
手を貸さずに見ないふりをしている、
今はそういう時期に入ったのだと思います。

世のお母さんが、
子育てが終わって空の巣症候群になって、
ペットや趣味にどっぷりハマるのも分かる気がしますが、
自分の寂しさをぶつけて、
心配だ、帰りが遅い、どこに行ってるの、
と、いちいちキャンキャン吠えてると、
結果、お互いのためにならないのです。

私は「子どもが安心して帰ってこれるような家」を作るのが今の役目。
言いたいことがたくさんあっても、
どんなに心配して待っていても、
帰って来た時に迎える第一声が説教ではいかんのです。
何事あっても動じない精神でどしんと構えてなきゃなりません。
体重だけでなく、、、。

子育て卒業です。




話は変わりますが、
ライザップに行こうか、
車の免許取ろうか、
密かに迷っているところです(*'ω'*)
だはー!

エド・はるみと石田えりのインパクトは、
あまりにも強すぎだ!!!
あのしなやかな筋肉は、本当に美しい。







[PR]
by nanacode | 2017-05-28 23:48