■ななちゃんねる通信■

nanacode.exblog.jp
ブログトップ

新しい家族

f0151838_15353096.jpg

また猫を産んでしまいました。

代々木で迷子になっていた子猫。
発見時、
たまたまそこを通りかかっていたアタクシ。
で、かくかくしかじか、
詳細を書くと長くなるので以下省略ですが、
結果、私が引き取りました。

名前はルル。♂。推定ただいま二ヶ月ぐらい。
うちに来た2週間前は750gでしたが、もうまもなく1kg。
成長著しい毎日。
いやー、食べる食べる。
毎度毎度のゴハンは飢えた野犬のような食べっぷりだ。

引き取った時は臭くて汚くて、
終始、涙目で目ヤニがひどくて、
そして動かなかった。

はじめはずいぶん大人しくしているなと思ったけど、
そのうち、この年齢の猫でこの大人しさはあり得ないと、
異変を感じて病院へ行ったら、
夏風邪とのこと。

いやー、初めの検査代、
次に罹った夏風邪治療代、
その他ホテル代諸々、掛かりますなぁ、お金。

じつはもう一匹の猫、ポコも、
ずっと血尿が出ていて病院通いをしている最中なので、
ダブルでございますよ。

連日通っていたので病院の受付では、
今日はどっち?なんて聞かれ、
会計時には、なんだか毎日ごめんなさいねー、
今日は○○円です。なんて言われる始末。
(だったら負けてくれー)

ほとんど完治しましたが、
まだちょっと目ヤニと鼻水が出て危ういので、
ポコとまる子とのご対面はまだ先です。
けれど、柵越しではあるものの早くもポコとは仲良しになりそうな気配。
まる子さんとは、、、ちょっと灰色ってとこかな。

一人暮らしをしてから飼った猫、
モモとチッチがそれぞれに死んだとき、
私は、困っている猫ちゃんがいたら、
あそこのおうちに行きなさいと教えてあげてね。
と、お願いして見送っていた。

仔猫が来たのは、きっとその願いが届いたからと、そう思っている。
だって、本当に奇跡的な瞬間の出会いだったから。

じつはもう1つ心配材料がある。
おととい見つけたのだけど、
仔猫の右足付け根に小さなしこりが2つあるのだ。

猫のしこりは癌と相場が決まっている様だけど、
二ヶ月ぐらいの子猫の事例はなかなかない。
(半年ぐらいだと稀だけど、癌の発症例がある様だ)
今日、夜また診察に行って診てもらう。

せっかく助かった命。
大病でないことを祈るけど、
もしそうだったとしても、
縁あって来た猫だしね。
ずっと大事にするよー。



[PR]
by nanacode | 2017-07-13 13:59