■ななちゃんねる通信■

nanacode.exblog.jp
ブログトップ

新しい家族は、、、

がーん。
やはり獣医さんも脇のしこりは気になるようだった💦

え?しこり?
と言って真剣な面持ちでずっと触っている。

診察の結果はかなり微妙。
全身を触るとさらに小さなしこりが複数見つかったのだ。

この年齢なので、腫瘍とかデキモノは考えにくい。
となるとリンパ節が腫れているのではなかろうかと思う。
とのこと。

で、リンパ節が腫れているということは、
何らかの病原菌と体内が戦っている証拠なので、
元気に見えても、疾患を抱えている可能性大。
、、、という見解。

では、その疾患は何か?

単なる夏風邪だったら、
長引くかもしれないけど、
重病ではないのでまずまずセーフ。

厄介なのは、ウイルス性の疾患。

でも現時点では判断は難しいそう。

とにかく小さいと、
通常の検査が難しい上、
たとえ検査の結果が陰性であっても、
ウイルスの潜伏期間でたまたま陰性になっている可能性も否定できないようで、
とにかく今は何とも言えないという診断結果。

三匹で可愛く並んでいる光景を楽しみにしていたけれど、
何らかの疾患があると、
場合によってはこれから先もずっと隔離して育てなきゃならないそう。

それに一番懸念している、
腹膜炎ナントカ、、、というウイルスの病気だと、
言いにくいけど短命だ、とも言われた。

んー、そうか。
命を預かるって、そういうことか。
どんなことがあっても、責任を持つ。
分かっちゃいるけど、
そういうことなのだ(T_T)はい。

唯一の救いは、
飢えた野犬並みの旺盛な食欲。

獣医さんも、
心配要因はあるけど、
とりあえず食欲があること、
体重が増えていること、
元気なこと、
それはとても大切なことなので、
この年齢の猫なのでね、
単なる夏風邪じゃないかと、
多分そうだと信じたいですけど、、、と言う。

f0151838_20564638.jpg


おい!チビ太郎!
頑張れよ!

とりあえず、
病院から帰ってもガツガツ食ってる。
飢えた野犬だ。
ウンチもおしっこもいっぱいしてる。
今日は大丈夫!

ちゃんと検査ができるのは2ヶ月後らしい。

がんばれがんばれ、チビ太郎。











[PR]
by nanacode | 2017-07-13 20:23