■ななちゃんねる通信■

nanacode.exblog.jp
ブログトップ

<   2013年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧

■ギャップがいいね■

うちのトースターグリル。


f0151838_1061064.jpg


















f0151838_1074232.jpg
















これはいくらなんでも、製品としてルール違反でしょ。
そりゃねぇっす。
ギャップありすぎるっす。

くやしいので。
コゲをガリガリして取って食べちゃったよ。

魚はとてもうまく焼けるグリルなのになぁ、なぜゆえに?
[PR]
by nanacode | 2013-07-19 10:14

■四苦八苦■

家とというものは不思議なもので、
人が住んでいないと、どんどん「気」の澱がたまってゆくのが、
不思議とわかる。

以前住んでいたところが、荷物置き場になって早10ヶ月。
まごまごしているとあっと言う間に1年になってしまう。
月に1度ぐらい帰って、郵便物を見たり、
必要なものを選んだり、をしているのだけれど、
いくたんびに、空気が沈みきっているのを体感する。

しかし!これではいかん!
と、やっとこさ重い腰を上げ、旧住まいの身辺整理を始めることにしました。
が、
何せものすごい散らかりよう。
自分一人ではもう限界どころか臨界に達しているので、
業者の手を借りようと、
複数のお手伝い業者に見積もりをしてもらった。

が、
業者選びを間違っていたようで、ことごとく断られてしまった、がーん071.gif


私は、よくテレビで見る「ゴミ屋敷」を、
すぱぱぱぱーーーー!と片付けるような業者に来てもらって、
見積もりをお願いしたのですよね。
ところが、
彼らは「片付け屋さん」ではなく「不用品回収屋さん」なのだそう。

足の踏み場もないゴミ屋敷をピカピカにする様子をテレビで見ていると、
「片付け屋さん」のように見えてしまうけれど、
業界的には「片付け」と「不用品回収」はまったく別らしいのだ。

そんなのしんねー!

だけれど、彼らは、
不用品は処分するけれど、片付けは業務外だ。とのこと。

ならばと、引っ越し屋さんによくある、
引っ越しと梱包をやってくれるサービスに問い合わせをすると、
梱包はするけれど「仕分け」はしないとのこと。

つまりは、不用品回収業者も、引っ越し業者も、
要るもの、要らないもの、を事前に仕分けしてからじゃないと、
頼めないというのだ。

わしが求めているのは、荷物の仕分けだ!仕分け!!

と、最後に会った業者に訴えたら、
「たぶん、お客さまがお求めになっている業務は、
ハウスクリーニングとか、お掃除専門とか、そういう業者に頼むといいのではないかと。
たとえば、ダスキンさんとか・・・」

とおっしゃる。
そうか、掃除屋さんか!なるほど。
ならば!ダスキン!100番100番だ!

と電話したら、
お掃除や家事代行はするけれど、
仕分けや梱包はしないとのこと。

またもや、こっちから見たら、同じでしょ、と思う、
「お掃除」と「片付け」は別、ということを思い知らされた。

どの業者も、
ここまではするけど、ここからはやんないよ。
という線引きが歯がゆい。


で、結局、わしの求めていることを「いいっすよ!」と、
引き受けてくれるのは「便利屋」なのではないか?
という結論に落ち着き、出直し!ということとなりましたのよ。

ふむ。出鼻をくじかれた思いだ。

ところで、気になるのが料金。
相場の見当がまったくつかないので、
参考までに、と聞いたのですが、
作業員2人で1時間1万円、というのが相場らしい。
結構な額やなぁ、というのが正直な印象。

まぁ、やる方と頼む方では、お金の感覚に温度差があるのは当然だけれど、
でも結構高いなぁ。



「便利屋」で検索すると、「お助け本舗」がトップに来るのだが、
なぜだか「坂本一生」も次々ヒット。
どうやら便利屋の大型店「お助け本舗」で働いているらしい。
杉並店代表となって写真まで載っているので、本当にそうなのでしょう。

それを見てふと、
ああ、依頼して、坂本一生が梱包スタッフで来ちゃったらどうしよう!
と、しばし想像にふけってしまった。

一緒に梱包作業しつつ、
私は彼の横顔をちら見しながら、
心の中で、
「あの、新加勢大周の件は・・・」
と何度もささやいている。

ああ!もだえる。
言いにくいことをずっと思っているのって、
なんてすてきなサムシング。

坂本一生も、まさか私が心の中でずっと「新加勢大周」の名を唱えているとは、
露ほども思うまい。

ふふふ。

さて!「便利屋」検索だ。
いい業者が見つかるといいなぁ。
[PR]
by nanacode | 2013-07-17 20:07

■新刊~♪■

この度、以前よりお世話になっている、
カワイ出版より、
初めてのオリジナル合唱曲集「いきている意味」が出版されました。
今回は作詩も手がけました!

「かっこ良く堂々とした音楽」という発売元からのコメントは、
「盛り」が入っているとはいえ、ちょっと嬉しかったです。
こっち! → カワイ出版

女声合唱曲集ということで、
ニーズ的にはかなり限定されてしまうのですが、
ニーズがある方はもちろん、無い方も、
どうぞ遠慮なくいっぱいお求めくださって下さいまし!!

女声合唱とピアノのための「いきている意味」
作詩・作曲 古寺ななえ
カワイ出版 1600円


1.ゆめ  2.終わらない坂道  3.ながれぼしになって 4.いきている意味
合計4曲の組曲です。
f0151838_21593198.jpg

・・・とはいえ、楽譜は売れたら嬉しいけれど、
演奏してもらってナンボです。
こればかりは、形態が合唱なため(しかも女声)、
音になったものを聴く機会にしょっちゅう恵まれる、
というわけではないのですが、
そういう機会があったら嬉しいので、
演奏の折には、ご連絡いただけるとありがたいです。


*****
もうすぐ七夕さまの日。
今年は、どんなお願い事をしようかな。

確か去年の七夕は、
まだ入籍前だったけれど、
御主人くんが出張で不在のとき、
中3くんのおさんどんをするために、
ちょこちょこ今の家に出入りしていたのでありまして。
楽しかったり大変だったり、
とにかくあまり落ち着かなかったので、
自宅とご主人くんの家の往復生活が早く終わるよう、
家族と猫、みんなで早く一緒に暮らせますように、
とかなんとか、近所のスーパーの短冊に書いたような気がします。

その後、みんな揃って暮らせたのに、
半年ちょっとでモモが逝ってしまったというアクシデントはあったものの、
去年のお願いはかなったというわけでして。

何気に、毎年短冊に何かしら書いていて、
これまた何気に、そのお願いはかなっていたりする。
さて、今年は何と書こう。
[PR]
by nanacode | 2013-07-03 22:49