■ななちゃんねる通信■

nanacode.exblog.jp
ブログトップ

<   2015年 10月 ( 8 )   > この月の画像一覧

■たまには仕事の話を■

依頼された仕事が一発で決まるとうれしい。

今回頼まれた編曲も、
「上等でございます」と、ついさっき一発OKをいただいた。
やったやったー、
週末、のんびりできそうデス。

デモ段階とはいえ、
楽曲はかなりきっちり作りこんでゆくゆえ、
そのあとにあれこれ直しが入るというのは、
完成した料理の味付けを後から直すようなもので、
実は結構難しいのです。
(又の名をメンドイ)

あーよかった。
データを送った後の依頼主からの連絡は、
うわー、何言われるんだろう、
と、ひやひやするので。


今日はご主人君が出張、
なのでこれから高2君と外食。
うっきっきー。
たまには手抜き&休憩しないと、ね。

それにしても寒くなってきました。
ぽかーんと口を開けて寝ているからかしら、
朝、のどが痛いことが多いです(笑)

インフルエンザの予防接種もそろそろしなくちゃね。
この前の冬はえらい目に遭ったので。
高熱の出ないインフルエンザでしたが、
頭痛とのどの痛みががひどく、
それはそれは苦しゅうございましたから。

みなさま、お気をつけて。
よい週末を!
[PR]
by nanacode | 2015-10-23 21:12

■たまげたYOー■

たまげたー!
知っている顔がテレビに映っていたから。
しかも良くないほうで・・・(TvT)

むむむ~・・・。

**************

「それ、お祝いに友人が書いてくれたんですよ」

ビールグラスが乗っているコースター。
手にとってそれに印刷してある屋号の筆文字をしげしげと見ていたら、
そう嬉しそうに、カウンターの中から話してくれたっけなぁ。

実は心の中では、
「んー、シロートが書いた文字だな、
ココの払いを長くしないとバランス悪いでしょ」
とかなんとか、思いながら見ていたんだけれどね(笑)

友人が・・・と聞いて、ああやっぱり。プロの文字じゃないよな、
と、いやらしく思ったっけな。

けれど、ご主人があんまりにもにこにこしていたから、
「いい文字ですね。宝ですね」
なーんて言っちゃったんだよね、アタクシ。

独立、オープンしてまもなくだったな。
ということは20年以上前だ。
私は当時所属していた書道の会の帰りだったから、珍しく着物を着ていた。
だからよく覚えている。
きっとそんなエピソード、ご当人は覚えていらっしゃらないでしょうけれど。

かなりお高いお店なので、それからはもっぱらお昼に訪れていた。
今の住まいから遠いので、
結婚してからは全然行かなくなってしまったけれど、
でも好きなお店のひとつだった。
テレビ見てたまげたな~。


なんと申してよいのやら・・・だけど、
わたしにとっては思い出の場所のひとつだから、ね。
なくなってほしくないものです。
[PR]
by nanacode | 2015-10-22 16:02

で、、、、

f0151838_12241061.jpg

でたーー!
エッヂの立ってるクープ!!
ちょっとちょっとちょっと!
出来たよ出来たよ!
手前はもう一本クープが足りなかったけど( ̄◇ ̄;)

うまく焼けると、
オーブンから出したら時に、
パチパチと弾ける音がするんだよ。
音は伝わらないけど、
パチパチしてます〜(≧∇≦)うれちい。

でもいい色が出なかったな。
今日の粉はウーヴリエ。
結構好きな粉です。


[PR]
by nanacode | 2015-10-17 12:15

懲りずに

バゲット、また焼いてます。
ご主人君のお昼ご飯と、
高2君がバスケの練習に持って行くサンドイッチのために。
f0151838_12065596.jpg

発酵が終わったこの白い柔肌に、
今からクープを入れて焼くのじゃ。
ふぉっふぉっふぉー。

果たして?
[PR]
by nanacode | 2015-10-17 12:01

バゲット道

f0151838_23174439.jpg

またまた形は悪いけど、
クープがそこそこうまく開くという現象が!
これで連続4回目。

むむむ?
何となーく、
クープの入れ方のコツが分かったかな?的な気持ち。

しかし不恰好。
特に一番左は下ぶくれで、
ブスの極み乙女な感じです。

もっともっと美人なやつ、焼きたい!

味は美味しいよ。
自画自賛ですが、
安価で大量生産されているバゲットよりは、
はるかに美味しいと思います。
(質のいい小麦粉だから、なんだけどね)

今日の小麦粉はメルベイユという品種。
美味しいけど割とあっさり。
色も黄色っぽい。
私はもう少しコクのある味の方が好きだな。



追記…余談ではございますが、高2君に、今日のパンどぉ?
と聞いたら、ああ、今日のは周りはサクサクしてて中身がしっとりしてて、
ちょーうまかったよ、と言ってくれました。
嬉しいけど、わたしと好みが違う(笑)
[PR]
by nanacode | 2015-10-16 23:09

今年最後の

今日、お昼間に蝉の鳴き声を聞いた。
一匹だけ。

9月中旬の台風以来、
ぱったりと鳴き声が止んでしまっていたので、
今年の蝉は店じまいが早いなぁと思っていたら、
今日、みーんみんと鳴き声を聞きました。

今年最後かな?
また来年の夏にね。
[PR]
by nanacode | 2015-10-08 19:47

奇跡的に!

f0151838_21294766.jpg

いまいち不恰好ですが、
うまくクープが開いた!!

もしかして?コツがわかったかも?
な予感。

また明日、焼くじょー!!

かっこいいパン焼いてやるー!!

これから遅い晩御飯。
旦那さま、はよー帰ってこんかいな。
遅い夕飯は、
デブ率500パーセントなんすよ!
[PR]
by nanacode | 2015-10-05 21:26

◼︎鳥肌の日◼︎

ご主人くんのお母さん、
私にとっての義母は、
心臓に注意を払わなくてはならず、
かれこれ10年ぐらい前から、
心臓の権威と言われている、
某病院に定期的に通っている。

至って元気に見えるし、
予断を許さない状況ではないものの、
なんてったって生命の要、
心臓に心配があるだけに、
数ヶ月おきに病院に通って、
身体の変化がないかどうか診てもらっているので、
私もできる限り付き添いで通院している。

今日がその日だったが、
ここで思わぬ出来事がありまして…。

義母の主治医が最近、
若い女医さんに変わったのだけれど、
この女医さんが、
私がその昔、
ピアノを教えていた生徒だったのだ!!!

その先生に診てもらったのは今日で3回目。
初めて会ったときに、
どっかで見た顔だな、誰かに似ているな、
と感じたけれど、
それが誰だかは特に深く考えもせず、だった。

そして今日。

診察を待っている間、不意に昔教えた生徒の苗字と、
女医さんの苗字が同じことに気づき、
あれっ!と思ってカルテを見たら、
正に同姓同名。
まさかまさかの再会。
偶然とあまりの感激で全身に鳥肌がたった!

実は教えていたその生徒は、
ご両親がお医者さん。
おばあちゃんもお医者さんだった。
だからか、教えていた当時、
4人の子供もお医者さんにしたいと、
チラッと聞いたことがあったので、
よく覚えていたのだ。
あまりない苗字だったことも記憶を呼び寄せた一因だった。

あれから少なくとも20年は過ぎている。
月日を経て、
心臓の権威と言われている病院で、
第一線で働いているなんて、
なんとなんと素晴らしい。
そしてなんとなんと嬉しいことか。

4人とも私はピアノを教えていたので、
みんながどうなったのか聞いたら、
お姉ちゃんは小児科医、
妹は薬剤師、
一番下の妹はインターンで頑張っている、
とのこと。

つまりみんな医療に従事していたのだ。
ああ!なんと素晴らしい!
頑張ったんだ、みんなみんな!

昔を思い出して、
ちょっと泣きそうだった。

ピアノの先生は、
コデラナナエ先生だった、と、
私のことは覚えていてくれて、
よく、ペンやらお菓子やら、
忘れ物をした私を追いかけて、
渡しに行ったと言ってくれた。

そうだった、そうそう。
姉妹そろって、せんせぇーーー!と、
帰る私を追いかけて来て、
わすれものー、と渡してくれたっけ。
ああ、あんなにちっちゃな子が、
こんなに立派になったなんて。

教え子が活躍している姿って、
実に嬉しいし、まぶしい。

早速、母に伝えます、と言っていた先生。
ご両親は現在も医師として働いているとのこと。
娘4人が立派になって、嬉しいだろうなぁ。

定期検診で病院に行くのが、
一気に楽しみになった。

偶然に感謝。
嬉しい日でした。


余談ですが、
鳥肌が立つ、という言葉は、
気味が悪いときや恐怖など、
マイナスな感情の時に使う言葉で、
感動や感激など嬉しい感情の表現に使う言葉ではないそうだ。

だけど、感動したって鳥肌立つじゃない。
本人とわかったとき、
本当に鳥肌ぞわーだったし。
なので、細かいこと言わずに、
今日は【鳥肌の日】なのでした。

[PR]
by nanacode | 2015-10-01 22:34