■ななちゃんねる通信■

nanacode.exblog.jp
ブログトップ

<   2016年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧

■チッチ■

チッチ、大きな手術からちょうど20日過ぎて、
やっと全部包帯が取れました。
よかったよかった!

結局、チッチは、モモと同じ病気ということが判明。
モモが手術後、3ヶ月であっけなく逝ってしまったことを考えると、
なんとも言えない気持ち。

でも、動物だから。ね。
その日が来るまでは、
いっぱい触って、だっこして、なるべく一緒にいてあげようと思う。

幸い、とても元気。
食欲もある。水も飲むし、ウンチも出てる。

とはいえ、モモも術後はとっても元気だったので、
ぬか喜びはできないけれど、
でも、ぐったりしている姿を見るよりはいい。

チッチはモモと2匹でいた頃、
モモのことをいじめてばっかりいた。
とってもやんちゃでちゃっかりしていて、
人懐っこくてあまえん坊で、
手のかかるガキんちょ、という感じでメス猫には見えなかった。

でも、私が結婚して、
今の家に引っ越してきて、
家が変わったことに強いストレスとショックを受けたのか、
すっかりおとなしい、しょんぼりした人見知りの猫になってしまった。

ほどなくしてモモが死んで、1匹になって、
やっとのんびりのびのび、家にも慣れたと思った矢先、
いたずら、意地悪好きのヤンキー猫が来てしまい、
またまたストレスの多い日々に逆戻り。

そんなこんななうちにチビまる子がやってきて、
最初はとってもストレスがあったものの、
ヤンキーとチビまる子がツルむようになってからは、
いい意味でアウェイな日々。
のんびりおひとり様を満喫中。
猫相関図が落ち着いたな、と思った矢先に腫瘍が見つかった。
で、今に至る、というワケ。

なんだか、ちょっと大げさかもしれないけれど、
人間も、動物も、
「人生」の法則みたいなものって、変わらないのかもなぁと、そんな風に感じる。

長年、頭を抱えていたことに突然(・・・本当に「突然」なんですよね)道が開けた!
なんて矢先、またまた別の問題が発生。
くぁーーーーそうきたかー、それは想定外だった・・・と、頭を抱える。
またまたモンモンとするが、あるとき突然解決!
・・・しかしまた別の問題が。。。。。。。以下、エンドレス。

結局、このくりかえしのような気がするのです。人生って。
なんて、達観したようなこと言ってしまうけれど。
でも、終わりまで終わりはないんだなと、
当たり前のことだけれど、そう思うのです。
うまく言えないけれど。

よかれと思ったことがのちに人生の足を引っ張ったり、
その逆だったりと、
本当に人生は、分からないものです。

なんか、今日は、
相田みつをとか瀬戸内寂聴の本でも読んで、
しみじみっとしてみたい気分ですが、
いろいろあれど、
とにかく、チッチセンセイには、
長生きしてほしい、その思いだけでございます。

最近、何かの雑誌で読んだっけな。
飼い猫に、
いつ死んでもいいから、
老衰以外では死なないでくれ、という内容のコラム。
何の雑誌だか忘れたけれど、
猫に限らずペットや動物に関してはその通りだと思う。

しかし、人間もそう皆に思われているのかというと、
ぜんぜんそうではないところが面白い。
時折、本当に心の底から「こいつ死んでくれないかな・・・」と、
思われることや思うことがある、っちゅー現実。
f0151838_721684.jpg

手前は包帯取れて、死体にしか見えないぐらいくつろぎ過ぎなチッチ先生。
後ろは、風呂上がりの宅のターバン王子様。

ターバン王子に関しては、さすがに死んでくれとは思ったことはないものの、
こっぴどい反抗期に手を焼いて、
畑に埋めんぞコラ!と思ったことはいっぱいアル。
そしてそんな反抗期ピークの時、王子はきっと私のことを、
「うっせーな死ねばばー」と心の中で思ったに違いない。
[PR]
by nanacode | 2016-05-26 23:10

■やるやるやる■

やりたいこと
やらねばならぬこと
やりたくないのにやらねばならぬこと
やらなくていいのにやりたいこと

この4つが、ぐるぐるぐるぐるなここ最近。

結局、あーだこーだ、
頭の中で考えているだけで、
気づくといつの間にか寝ている。

このままじゃ、〆切り地獄へようこそ、
と、またまたエンマさまに呼ばれてしまう・・・。

今まで、何度も何度も地獄から生還しましたが、
体力の衰えとともに、年々きつくなってまいりました。

ところで、チッチ。
元気なし(TーT)
とてもかなしい。
[PR]
by nanacode | 2016-05-16 21:13

■出産■

チッチが手術してからずっとウンチをしていなくて、
さすがに心配になり、またまた今日病院へ。

おじいちゃん先生が聴診器でお腹の音を聞いてくれたのだけれど、
とりあえず腸は動いているから、そこまで出さないで頑張っちゃっているなら、
今日か明日あたり、出るんじゃないかな?
とのこと。
お腹のマッサージもしてくれた。

とはいえもう6日経つので、お薬をいただきました。

そして、先ほど無事出産・・・・!!!!

きれいなモノの話ではなので、書くのもナンですが、
もうびっくりするぐらいの量が出てね、
猫のレベルをはるかに超える、
ちょっとした人間レベルのモノでしたので、
うひゃー!でした。
(飛んだんだよ)

こんなちっこい体にこれだけため込んでたら、
こりゃぁ、さぞかし苦しかったろうねぇ。

こころなしか、すっきりした表情のチッチ。

たまたま私も「出産」場面に出くわしてしまったため、
一緒に踏ん張ってしまったのよね。
なんだかぐったり疲れました。

ああ、でもひとつ心配が減った。
よかった。
[PR]
by nanacode | 2016-05-12 22:28

がんばれチッチ

f0151838_07252642.jpg


紫のリボンがかわいいですが、
ネットでぐるぐる巻き状態でもあります。
ちょっと大きな手術を先週しまして、
ただいま療養中。

経過を昨日診てもらったら、
一箇所、傷が塞がっておらず。
しかし、局部麻酔がしにくいところだったため、
なんと麻酔なしで縫合!( ̄◇ ̄;)

でも鳴かずにじっとお利口さんにしてました。

獣医さんがネットがズレないようにと、
リボンを付けてくれたので、
今はおしゃまさんです。

がんばれチッチ。



[PR]
by nanacode | 2016-05-11 07:18

■GWおわり■

GWが終わると、なんだかあっという間だ。
次、はっと気づくと、
多分もう夏休みのころなんじゃないかと思うわけです。

で、次に、はっと気づくと、
多分10月なかばごろ。

で、その次は、
年末。
あー、今年も終わるねーなんて言ってそう。

多分、そんな感じの一年なんじゃないかと思うと、
もう今年も終わりな気分です。



小さいころは、1日が長かった。
とても長かった。
だから何でも出来た。

大きくなってくると、
どんどん1日が短くて短くて、
だから何にも出来ないまま、
何年も何年も過ぎてしまったりする。

時間は同じなのに、不思議だと思うけれど、
きっと、記憶の量の違いなのではないかと、最近思うようになった。

朝起きて、テレビ観て、お絵かきして、折り紙して、ご飯食べて、
歯を磨いて、外で遊んで、お使い行って、おやつ食べて、お昼食べて、
お昼寝して・・・・と、小さいころは、何をやってもいちいち覚えていたから、
1日の記憶の密度が濃いのだ。

対して、大きくなると、
あれ?昨日って、どこ行ったっけ?
あれ?今日って、何日だっけ?
あれ?さっきご飯、何食べたっけ?

なんてことの連続。
記憶の密度が薄っぺら。
つまり覚えていない時間は、1日のうちから切り取られてしまうゆえ、
だからその分、1日が短く感じる。

・・・のではないか?
そんな気がします。
根拠はないけれど。
[PR]
by nanacode | 2016-05-06 00:19