■ななちゃんねる通信■

nanacode.exblog.jp
ブログトップ

本日も

今日は猫トイレの中で、
茶色のゴキ様がご臨終。
猫ウンチとまぁ似た色、サイズ。
てっきりソレと思って掃除しようと思ったら、、、、。

似て非なるものもはなはだしき!!!
心臓に悪いです。

いやはや、
なんでこんなに今年は出るのかいな。
みなさんのおうちではどうなのかしら?
ウチだけ?

f0151838_22293087.jpg

忍者になるべく、特訓中のルルさん。

うちに来た時はぐったりしてましたが、
本当に元気になりました。
そして重くなりました。
どこから見ても健康優良猫。

月末のウイルス検査が、
どうかどうか陰性でありますように。
獣医さん曰く、
元気だから陰性というわけではないとのこと。
ある日突然具合が悪くなるそうです。

気になるしこりはまだ有り( i _ i )
でも、ずいぶん小さくなったんだけどね。




[PR]
# by nanacode | 2017-08-08 21:58

我が家の陸軍が活躍して〼

今年はいつになく、
我が家の2名の陸軍の働きっぷりがよろし。
いつもはいちゃいちゃして、
ヌボーっと寝ている陸軍。
と見せかけて、実はゴルゴ13並の精鋭なのだ。

いやはや、
2、3日おきに茶色い遺体が、、、。
今日はなんとサンダルの中と掃除機のヘッドの下と、
二箇所でご遺体発見。

この夏、少なくとも10は遺体の隠蔽に協力したなぁ。
今年、出過ぎです、我が家。

そして今、訓練生がひとり❤️
日々、食べ過ぎ、訓練し過ぎで、
凶暴な野犬に近くなっています。
訳あってまだ、別室で個別訓練中ですが、
今月末には我が家の陸軍、3名体制なのだ。

f0151838_15303038.jpg

陸軍2名。
人前でもいちゃいちゃ。

f0151838_15303069.jpg


訓練生。
クライミングの特訓中。






[PR]
# by nanacode | 2017-08-07 15:18

あがき

結婚する前は、
ほぼ毎日どこかの本屋さんへ寄って、
これまたほぼ毎日、最低一冊、
平均三冊、何かしら本を買っていた。

私が買うものは、
小説やビジネスマンが読むような、
己の士気を高めたりスキルアップする系のものではなく、
お料理の本、手芸の本、パンの本、
ひたすら笑えるバカバカしい本、
パラパラと立ち読みして気に入ったエッセイ、
写真集、占いの本、
その時々でハマっていた趣味の専門書、
例えばカメラとか、ビーズとか、シュガークラフトとか、短歌とか、、、。
そんな本ばかり。
なので複数冊買っても瞬く間に読み終えてしまい、
結果、ほぼ毎日本を買う、という状況に陥っていたのだ。


時は過ぎ、結婚と同時に住まいが変わり、
近所に本屋さんがなかったことと、
本を読むような心のゆとりがなかったことで、
あんなに好きだった本に全く触れなくなり、
しばらくが過ぎた。

そして最近、
子供が大学生になってあまり手がかからなくなったのと、
自分の時間を確保する術を身につけたのとで、
またまた本屋さん通いが始まった。

やはり本屋さんは楽しい。ウキウキする。
何時間でもうろうろできる。

独身の時のように、
ほぼ毎日数冊買うようなことはできなくなったけれど、
それでも週に最低一度はどこかの本屋さんに寄って、
面白そうなものを買ってうきうきして帰ってくることができるようになった。

が。
大きな変化に、案外大きくどよめいている。


まずひとつ。
一冊読みきれなくなった。
集中力がなくなったのだろうか。
とにかく、一冊を読み切ることが困難になってきたのだ。
以前は、ホントにちゃんと読んでんの?
とハタから言われるほど速読技術に長けていたので、
(つまりはページをめくるペースが異様に速いのでそんな風に言われていたのだ)
軽いエッセイなら、本当にあっけなくあっさり読み終えていたのに。

ところが今や、
例えば、現在読んでいる柴門ふみのエッセイ。
ダラダラダラダラダラダラと、なかなか読み終わらない。
中身はとっても面白い。
だからこそ以前だったら秒殺していたエッセイであったろうに、
もうとにかく、ダラダラダラダラ。
1日に5〜10ページぐらいしか集中力が続かないのだ。
そのうち、どんなに内容が面白くても読むことに飽きてしまい、
読破できず次の本に手を出す、
という良くないことを繰り返している始末。

以前の、書籍に掛けていた金額は、
月額まぁそこそこ行っていた故、
今みたいなダラダラなペースは経済的といえば経済的なのだが、
活字の処理能力が恐ろしく低下していてその老化っプリにけっこう驚愕しているところだ。

ふたつめ。
目が見えない、、、。
老眼と乱視が酷くなってしまい、
とにかくとにかく、見えない、見えにくいのだ。
活字の処理能力の低下は視力の悪さも原因のひとつなのだろう。
まーとにかく見えない見えない。

なんでちぃせぇんだよ!字が!
と、思わず難波のエリカさまのような口調になってしまいますが、
世間で流通している本はみんな文字がちぃさいです。
もう少しなんとかならないでしょうかね、
と言っても無理なのは承知ですが、、、。

だからこそハヅキルーペに手を出したいこの頃。
しかし、あれは、じーちゃんばーちゃんがするヤツだ!!!
という認識がどこかにあり、なかなか手を出せずにいます。
だって現にそういう年齢の方がCMに出ているからね。
この前、孫ができてね、なんてセリフが不自然ではない方ばかりなんですもの。

綾瀬はるかあたりがCMに出ていたら、
購買検討しちゃうけどね。
まだまだ、孫ができる年齢ではないのです。
わたしは。、、、多分。

それに、一度それに頼ってしまうと、
ハヅキルーペがないと○○できない、、、なんて、
そうなってしまう可能性が大きいのは目に見えています。
現に老眼鏡がないと本が読めない、字が書けない、
細かい作業ができないになっていますから。

でもさすがに老眼鏡はいつも持ち歩いていないので、
結果、電車の中での読書は少なくなってしまい、
これも読破のペースダウンの一因でありましょう。

しかし、
購買意欲だけは衰えていないのです。
本が読破できないのをわかりつつも、
本屋さんに行った際には、
あれやこれやと独身時代と同じペースで、
複数冊買い込んでしまう。

結果、文字通り、たくさんたくさん積読状態。
少なくとも今年はもう本を買わなくていい、
というぐらい、未読もしくは最後まで読んでいない本がたんまりあるのです。

多少割高なんだけど、遠近両用のコンタクトにしようかな、、、。
でも、そこはなかなか踏み込めない。

なぜならば、アタクシは実はずーっと、
カラーコンタクトをしているからなのです。
眼の黒い部分が大きく見えるやつ。
鈴木奈々ちゃんとか、かわいいアイドルがしてるやつ!
あのコンタクトをしているんです!

遠近両用のカラーコンタクトは無いそう。
そうよね、鈴木奈々は遠近両用使わないもんね。
なので二の足を踏んでいます。

老眼鏡だ、ハヅキルーペだと騒いでいるのに、
カラーコンタクトだけは手放さない。
不便でもそこはまだ譲れないのです。

でも、いつまでも若いつもりでいるおばちゃん、
そのジャンルのどんぴしゃなキャリアだということも、
そろそろ自覚しないといけませんね。

そうなのです。
もう、若くはないのです。わたしは。
カラーコンタクトを手放さないというのはつまり、
ミニスカートをはいてる、
若いと思っているのは自分だけ、
という痛々しいおばちゃんと何ら変わらないのです。

嗚呼、眼科に行ってこよう。
そして、カラーコンタクトにさよならして、
ぴったりな遠近両用コンタクトを買って、
本をたくさんたくさん読もう!

そう思っています。
夏本番。






















[PR]
# by nanacode | 2017-07-24 08:57

本日は

完全オフ。
おぼっちゃまはどこかにご宿泊でいないので、
旦那さまを送り出した朝8時以降、
お昼過ぎまで寝てしまった。

しかし、
日頃のいろんな心配事が一気に夢に出て来て、
へんてこりんな内容にうなされまして、
ばっちり休むはずが、
起きたらどっと疲れていました、、、(-_-)zzz

夢って本当によくわかないし面白い。
松嶋菜々子が指を詰められるという、
なんでそこに至ったんだか、
よく分からないシーンもありましたし(*´-`)

潜在的なものしか見ないという説と、
神秘的で霊的な要素があるという説と、
さまざまですが、
そのどっちの要素も混ざっている気がします。

脳はやっぱり不思議で神秘的ですが、
一番現実をわかっている気がします。



心配事のひとつである、
我が家の小さな野犬は、今日も食欲旺盛。
借りて来た猫期はあっさり終了。
見るもの聞くもの動くものすべてに果敢に飛びかかってゆく、
警察犬期に突入。
このままでは本当に、
日本初の猫の警察犬が誕生してしまいそうな勢いです。

あー、こんなに元気なのにな。
こんなに可愛いのにな。
こんなに一生懸命な命なのにな。
厄介な病気じゃないといいな。






[PR]
# by nanacode | 2017-07-15 13:27

新しい家族は、、、

がーん。
やはり獣医さんも脇のしこりは気になるようだった💦

え?しこり?
と言って真剣な面持ちでずっと触っている。

診察の結果はかなり微妙。
全身を触るとさらに小さなしこりが複数見つかったのだ。

この年齢なので、腫瘍とかデキモノは考えにくい。
となるとリンパ節が腫れているのではなかろうかと思う。
とのこと。

で、リンパ節が腫れているということは、
何らかの病原菌と体内が戦っている証拠なので、
元気に見えても、疾患を抱えている可能性大。
、、、という見解。

では、その疾患は何か?

単なる夏風邪だったら、
長引くかもしれないけど、
重病ではないのでまずまずセーフ。

厄介なのは、ウイルス性の疾患。

でも現時点では判断は難しいそう。

とにかく小さいと、
通常の検査が難しい上、
たとえ検査の結果が陰性であっても、
ウイルスの潜伏期間でたまたま陰性になっている可能性も否定できないようで、
とにかく今は何とも言えないという診断結果。

三匹で可愛く並んでいる光景を楽しみにしていたけれど、
何らかの疾患があると、
場合によってはこれから先もずっと隔離して育てなきゃならないそう。

それに一番懸念している、
腹膜炎ナントカ、、、というウイルスの病気だと、
言いにくいけど短命だ、とも言われた。

んー、そうか。
命を預かるって、そういうことか。
どんなことがあっても、責任を持つ。
分かっちゃいるけど、
そういうことなのだ(T_T)はい。

唯一の救いは、
飢えた野犬並みの旺盛な食欲。

獣医さんも、
心配要因はあるけど、
とりあえず食欲があること、
体重が増えていること、
元気なこと、
それはとても大切なことなので、
この年齢の猫なのでね、
単なる夏風邪じゃないかと、
多分そうだと信じたいですけど、、、と言う。

f0151838_20564638.jpg


おい!チビ太郎!
頑張れよ!

とりあえず、
病院から帰ってもガツガツ食ってる。
飢えた野犬だ。
ウンチもおしっこもいっぱいしてる。
今日は大丈夫!

ちゃんと検査ができるのは2ヶ月後らしい。

がんばれがんばれ、チビ太郎。











[PR]
# by nanacode | 2017-07-13 20:23

新しい家族

f0151838_15353096.jpg

また猫を産んでしまいました。

代々木で迷子になっていた子猫。
発見時、
たまたまそこを通りかかっていたアタクシ。
で、かくかくしかじか、
詳細を書くと長くなるので以下省略ですが、
結果、私が引き取りました。

名前はルル。♂。推定ただいま二ヶ月ぐらい。
うちに来た2週間前は750gでしたが、もうまもなく1kg。
成長著しい毎日。
いやー、食べる食べる。
毎度毎度のゴハンは飢えた野犬のような食べっぷりだ。

引き取った時は臭くて汚くて、
終始、涙目で目ヤニがひどくて、
そして動かなかった。

はじめはずいぶん大人しくしているなと思ったけど、
そのうち、この年齢の猫でこの大人しさはあり得ないと、
異変を感じて病院へ行ったら、
夏風邪とのこと。

いやー、初めの検査代、
次に罹った夏風邪治療代、
その他ホテル代諸々、掛かりますなぁ、お金。

じつはもう一匹の猫、ポコも、
ずっと血尿が出ていて病院通いをしている最中なので、
ダブルでございますよ。

連日通っていたので病院の受付では、
今日はどっち?なんて聞かれ、
会計時には、なんだか毎日ごめんなさいねー、
今日は○○円です。なんて言われる始末。
(だったら負けてくれー)

ほとんど完治しましたが、
まだちょっと目ヤニと鼻水が出て危ういので、
ポコとまる子とのご対面はまだ先です。
けれど、柵越しではあるものの早くもポコとは仲良しになりそうな気配。
まる子さんとは、、、ちょっと灰色ってとこかな。

一人暮らしをしてから飼った猫、
モモとチッチがそれぞれに死んだとき、
私は、困っている猫ちゃんがいたら、
あそこのおうちに行きなさいと教えてあげてね。
と、お願いして見送っていた。

仔猫が来たのは、きっとその願いが届いたからと、そう思っている。
だって、本当に奇跡的な瞬間の出会いだったから。

じつはもう1つ心配材料がある。
おととい見つけたのだけど、
仔猫の右足付け根に小さなしこりが2つあるのだ。

猫のしこりは癌と相場が決まっている様だけど、
二ヶ月ぐらいの子猫の事例はなかなかない。
(半年ぐらいだと稀だけど、癌の発症例がある様だ)
今日、夜また診察に行って診てもらう。

せっかく助かった命。
大病でないことを祈るけど、
もしそうだったとしても、
縁あって来た猫だしね。
ずっと大事にするよー。



[PR]
# by nanacode | 2017-07-13 13:59

子育て卒業!

f0151838_01305923.jpg

まぁ❤️なんとかわゆい❤️
恋人同士みたいです。


大学生のお子さん、
特に息子さんを持つお母さんたちに、
宅のおぼっちゃまが進学する前に、
いろいろと今時の大学生の生態について聞いていたのだが、
見事にその通りな毎日。

泊まり歩いて帰ってこない
たまに帰るのは着替えのため
家にいるときは寝てる
家にいたとしても起きたらすぐ遊びに行く
遊びに行かない日はバイト
電話に出ない、通じない、
ラインの返事こない、そもそも読んでない
向こうから連絡が来るときはお金か食べ物のこと

まぁ、こんなところだろうか。

一昨日から泊まりでサークルの仲間と四国へ行ってきたおぼっちゃま。
友人の車で20時間掛かったそうだ。
友人って言ったって、
免許持ってるって言ったって、
まだまだガキんちょではないか!!
四国までだなんて!!
おーー怖い、、、(´༎ຶོρ༎ຶོ`)

もちろん旅の最中、連絡はなし。
さっきやっと連絡があったけれど、
帰るから晩メシ作っといて、のひとこと。

いそいそと晩メシを作って待ってたら、
秒で食いやがって、
着替えをまとめ、
また友達の家へ泊まりに行ってしまった。

はぁ、、、(-_-)


危なっかしいのと怪しいのとで、
いろいろ心配は尽きないけど、
でも、ここは自分の踏ん張りどころ。
よっぽどの悪さをしていない限り、
説教してはならぬ。
家にいないのは自立のいい訓練だ。


乳児はしっかり肌を離すな。
幼児は肌を離せ手を離すな。
少年は手を離せ目を離すな。
青年は目を離せ心を離すな。

小学生は暗くなる前に帰りなさい。
中学生は暗くなったら帰りなさい。
高校生は日付が変わる前に帰りなさい。
大学生は盆と正月くらいは帰りなさい。
大学院生は帰れる家があることに感謝しなさい。
社会人になったら、
子どもが安心して帰ってこれるような家を、
今度は自分がつくれるようにしなさい。


子育ての真似事を始めてから、
いろいろ迷った時に出会った言葉の中で、
これがいちばん心に響いた言葉かな。
とても有名な言葉らしいけど、
独身だったら知らなかったし、
この言葉の感覚がよくわからなかった、きっと。


危なっかしいことやってるなーと分かっていても、
善悪の判断はじゅうぶんじゅうぶん分かってるはず。
手を貸さずに見ないふりをしている、
今はそういう時期に入ったのだと思います。

世のお母さんが、
子育てが終わって空の巣症候群になって、
ペットや趣味にどっぷりハマるのも分かる気がしますが、
自分の寂しさをぶつけて、
心配だ、帰りが遅い、どこに行ってるの、
と、いちいちキャンキャン吠えてると、
結果、お互いのためにならないのです。

私は「子どもが安心して帰ってこれるような家」を作るのが今の役目。
言いたいことがたくさんあっても、
どんなに心配して待っていても、
帰って来た時に迎える第一声が説教ではいかんのです。
何事あっても動じない精神でどしんと構えてなきゃなりません。
体重だけでなく、、、。

子育て卒業です。




話は変わりますが、
ライザップに行こうか、
車の免許取ろうか、
密かに迷っているところです(*'ω'*)
だはー!

エド・はるみと石田えりのインパクトは、
あまりにも強すぎだ!!!
あのしなやかな筋肉は、本当に美しい。







[PR]
# by nanacode | 2017-05-28 23:48

行方不明

大切な人が亡くなったり、
大切に飼っていたペットが死んだりすると、
本当に本当に悲しいものだけれど、
それは現実。
冷たい様だけど、それ以上もそれ以下もないので、
その先は悲しみと折り合って行くしかないと思っている。

でも、大切な人やペットが行方不明、
というのは、ちょっと別。

どっちの悲しみが深いか、
なんて比べるものではないけれど、
後者は生存の現状が見えないだけに、
残された人は、
日々拷問されているのに近いのではないかと思うのです。

こういう話を誰ともしたことがないけれど、
駅や交番、はたまた街中の電柱などに貼られている、
尋ね人や迷子ペットのお知らせを見るたび、
毎回どんよりと胸が苦しくなっています。
そして、いつか自分が役に立てたらと、
ほとんどのポスターの内容を実は今でも覚えています。
幸い、私は脳内の顔ニューロンが発達しているのか、
人の顔を覚えるのが刑事並みにすごいのです。

覚えている中には、
1900年代からの尋ね人もいたりします。
自分と同じ誕生日に行方不明になった人もいました。
おそらくもう存命の可能性は低かろうに、
それでもその家族は、
もしかしたら今日帰って来るかも、
という望みだけを生きがいに、
針のむしろのような思いをかかえて長い年月、
そして今もなお過ごしているのかと思うと、
鉛を飲んだような気持ちになります。


近所の電柱に数ヶ月前から、
迷子ペットのお知らせが貼ってあります。

はーちゃんという茶トラ猫♀と、
ターくんというキジトラ♂の猫。
飼い主はそれぞれ別だけれど、
小さなポスターから、どれだけ愛情が深いのかひしひしと伝わってきます。

ほぼ毎日、そのポスターの前を通るので、
いつもいつも気にしていたけれど、
昨日の夜と、今日の夕方、
すぐ近所で、汚いキジトラ猫を発見。

昨夜は暗かったので、自信はなかったけど、
今日はまだまだ明るい時間帯だったのではっきり見たのです。
ポスターの写真と類似した模様の猫を。

近寄ったらすぐ逃げてしまった。
間違いかもしれないけど、、、でも。
迷ったけれど、ポスターに書いてあった番号に電話しました。

年老いた感じの女性が出る。
娘が詳しいから、娘が帰ってきたら折り返しすると言う。
そしてなんと娘さんは正に今、
猫を探しに出かけている最中とのこと。
昨日も探しに出かけててねー、と言う。

程なくして、娘さんから電話。
間違いだったらごめんなさいと断ったけれど、
探している人にとってはそんな言葉、
耳に入らなかったでありましょう。

見かけた住所や時間帯のやりとりをした後、
彼女はこう言った。

もう一年以上探してるんですよ

え!!!
ポスターには、2月に居なくなってと書いてあったけれど、
まさか昨年の2月だったとは。

聞けば、近所にポスターを貼っていたけれど、
なかなか見つからないので、
数ヶ月前、範囲を広げてポスターを張り出したと言う。
その一枚がうちの近所の、というわけだ。

キジトラは汚かったけれど、痩せてはいなかった。
それだけは伝えた。
本当に病的な感じではなかったのだ。

電話の声は明るかった。
ありがとうございます、ありがとうございますと何度も何度も言う。
ああ、私は、
期待を持たせてしまった、、、。
何とも言えない気持ち。

電話を切ってから、
自転車で30分ぐらい近所を走って探した。
しかし、相手は猫。
警戒心が強いのは言わずもがな。
狭いところに隠れるのは上手だし、
見つけたとて捕まえるのはおろか、
触ることすら至難の技でありましょう。
もちろん見つけられませんでした。

たかが猫。
でも誰かの大切な大切な命だ。
月並みな言葉だけど、
見つかりますように。
うちの近所のキジトラがターくんでありますように。
今一度、会えますように。
お腹を空かせていませんように。



犬猫一匹でも行方不明となるとしんどいのに、
ましてや人間となると、
その身内の苦悩は計り知れない。

連日、どこぞの学園の問題や、
オリンピック問題、
豊洲の問題、
誰と誰が不倫してるだの、
忖度だのなんだのと、
話題は尽きない永田町劇場ではありますが、
私はそんなことどうでも良いと思っています。
不倫だって忖度だって、
どうぞどうぞ好きにおやりなさいまし。

ただただ、拉致被害者を救うことを、
どんな問題よりも一番に取り上げて取り組んでほしいと、
いろんなニュースで世間から忘れ去られてしまうたびに思っている、
私が今、政治に期待を持っていることはそれだけです。

誰にも話したことはないけれど、
毎日毎日毎日毎日、
拉致問題が解決することを、
本当に本当に本気で思い続けて祈っています。
時折テレビで観る、横田さんご夫妻は、
ご老齢で痛々しくて、
こう言っては何ですが、
いわゆるごくごく普通の方が、
ほんの少しのボタンの掛け違いで、
なんでそんな運命を生きることになってしまったのだろうかと思うのです。
この世は無常とは言うけれど、
その無常はいくら何でも酷すぎる。



はーちゃんもターくんも、
おうちに戻れますように。

駅や交番で見た行方不明の方々の消息がわかりますように。

そして、拉致問題に光が見えますように。


[PR]
# by nanacode | 2017-05-25 19:54

ご用心

先週の日曜日。
草むしりをしていた時かと思うけれど、
足を虫に刺されまして、、、。
結果、十数ヶ所。

あー、ずいぶん刺されたなー、
なんてポリポリ掻きながら草むしりしていたのですが、
あれから日に日に痒みはひどくなる一方。
一週間過ぎた今、
ついに痒くて夜もねむれないぐらいになってしまったので、病院に行きました。

塗り薬はもちろんですが、
なんと飲み薬まで処方されてびっくり。

侮るなかれ、虫刺され。

今、私の膝から下は、
虫刺されのあとで、ボコボコ赤く腫れて、
きったなーくなっています(´༎ຶོρ༎ຶོ`)
そしてまだまだ痒い!

今年も虫刺され当たり年かな。
やだな。

[PR]
# by nanacode | 2017-05-16 23:46

ご主人

玄関横に植物を置いている小さなスペース。
小さくても落ち葉とか土埃とか、
最近まで咲いていたチューリップの花の残骸とかとかとかで、
なんとなく散らかっていたので掃き掃除をしていたら、
お向かいのご主人に、こんにちは!
と声をかけられた。

あ、どうも、こんにちは!

と返すと、

ご主人、ゴミ捨て、いつも行ってるね!
今日も会ったよ!

と言われた、、、(*≧∀≦*)

なんか、、、
まるで私がやらせているようではないか!!!
ゴミ捨てに関しては『自主的に』行ってくれているのに。

いえー、やらせてないですよ、
行ってくれてるんですよー、
おほほほほー!( ̄▽ ̄;)

と返したら、

ウチもおんなじだよ!
いっつもやらされてんの、はははは!

との返答。

さわやかなお向かいのご主人は、
誰でも知っている往年のプロ野球選手だ。
ご引退されてずいぶん経っても、
1ミリも太りもせず、長身で背筋もピンとして、
シャキシャキしている。
今でもよく、近所を軽くジョギングしている姿を目にする。

そんなスターも、おうちではゴミ捨て係。

一皮むけばみんなおんなじ。うははー(๑˃̵ᴗ˂̵)




[PR]
# by nanacode | 2017-05-08 11:17