■ななちゃんねる通信■

nanacode.exblog.jp
ブログトップ

ひさびさー

f0151838_12522352.jpg

チッチ先生。
五月の術後、
とりあえず今の所はフツーな感じだけど、
実はお腹にしこりらしきものがあるんだよな。

急におばあちゃんになっちゃったな。
先生がいなくなったら、
ちょっとクルなぁ。

あ、今日はポンコツくんの誕生日なのです。
18歳。
とりあえず、カード作れるぞ。
携帯も自分で作れるぞ。
補導それても、保護者関係ない??ぞ。
ん?これはちがうかな??

家族で近所のお鮨屋さんに行きます。
ひさびさ。

[PR]
# by nanacode | 2016-09-29 12:49

■ポンコツくん■

我が家の陸軍、約3・・・匹。
今年の夏は、いつにも増していい仕事をしてくれました。

敵が侵入、発見するないなや、
24時間体制で尾行。
そして追い詰め、リンチ。
文字通りの生き地獄を味合わせたのち、絶命させる。
その現場は凄惨でありますが、
任務ですから、仕方がありません。

私も今年はその陸軍チームに加担し、
敵を絶命させること2回。
神様に呪われるかもしれませんが、
これも任務のお手伝いですから。
いたし方ありません。


今年の夏はもう、ゴキブリくんが、異様に発生いたしまして。
なんでかしらね?
あの姿かたちを見つけると、心臓が止まるよね。

もちろん苦手だけれど、
うちの高3君は、もっと苦手らしく、
ゴキ様を見つけるとものっすごい声で、ぎゃーーーーーー!!!と叫び、
ちょっと来てちょっと来てちょっと来てちょっと来て!!!!!!!
と、大声で私が行くまで連呼し続ける。

ああ、出たな・・・その雄たけびを聞くとげんなりなのだけれど、
ゴキ様の前での高3くんは、まったくのポンコツ野郎なので、
私が殺処分することとなる。

この前出たゴキ様は、高3君の部屋の壁の高いところに陣取って動かないので、
掃除機で吸い取ろう!ということになり、
私が掃除機を持ってくるから、それまで見張っていろ!と命令したものの、
それすら嫌だ!こわい!と、ヘタレなことを言う始末。

いいから見張れ!と私は掃除機を取りに行き、
また部屋へ戻ったのだが、
高3くんの姿を見て、思わず笑ってしまった。

ゴキ様が逃げたらどうしよう、見失ったらどうしようとドキドキしているのだろう、
肩で息をし、心臓のあたりに自分の左手をあてて、
自分の部屋の壁の一点を真剣な表情で見つめている。

おまえ、試合前の、君が代歌ってるサッカー選手みてぇだぞ
ぎゃはははは!

そうからかったけれど、
いいから早くしてーーーーーーー!!!
と叫ぶだけで、ぜんぜん笑いに応じない。
(なかなかいい例えだと思ったんだけどなー)

いや、私だって嫌だし、こわいよー。
だけど、目の前の男子がポンコツすぎるんだもの。
そんなこと言っていられないよね。
掃除機のスイッチを入れ、壁にノズルを伸ばし、
ゴキ様を吸い取った。

その光景だけで、ぎゃーすかぎゃーすか騒いでいるポンコツ。

すぐさま、吸い取ったノズルにキンチョールをスプレー。
スイッチはONのままなので、
余すことなくキンチョールは掃除機の中。
ゴキ様も、たいそう苦しまれたことと思いますが、
ご臨終と相成りました。

見ると、ポンコツはハァハァ息を切らしている。
アホか!何もしてないくせに。
あたしが全部やったんじゃないか!


ポンコツはどこまでもポンコツで、
まったく役立たずだけれど、
でもね、うちは陸軍がしっかりしているので、
頼もしい限りなのです。

しかし、さすがの陸軍も、空軍とまではいかず。
何せ、手足が短いし。

ブンブンうるさいハエや、
ただただ迷惑な蚊なんかを捕まえてくれたら、最高なんだけれどな。

ただいま、ハエ、一匹、居候中。
三等兵のマルコが奮闘しているけれど、
ぜんぜんダメだ。

ポンコツにやらせるかー。
[PR]
# by nanacode | 2016-09-28 17:36

■スーパースター■

朝のニュースでパラリンピック開会式を見て、
ああ、オリンピックのことなんてものっすごい昔にかんじるなぁと思ってしまいました。

ちゃんと行けるか、はたまた帰ってこられるかと、
いろいろ心配したボンボン君の留学もあっさり終わってしまい、
世間は通常営業。
毎日せっせとお弁当を作っていますし、
ボンボン君もフツーの学校生活を送っています。

何事もそうですが、終わってしまうと、
なんともあっけないものです。


ところで!
ボンボン君は、今をときめくあのスーパースター、
錦織圭選手に留学先のスクール内で会ったそうな。

一緒に写真を撮りたかったそうだが、
錦織選手のトレーナーだかマネージャーだか??
とにかく一緒にいた人に、写真はNGとクギを刺されたそうな。

しかしそんなことではあきらめないボンボン。
そのお方がラケットを取りに行っているスキを見て、
直接本人に頼んだらしい。
えらいぞ、パチパチ!

ご本人はOKと快諾してくれたそうで、
とても嬉しそうないい笑顔の写真を、
「錦織がおった」と、LINEで送ってくれた。

ボンボンのとなりに錦織選手!!!
これにはびっくりしましたよー。
見た瞬間、おおおおおおおーと叫んでしまいましたわ。

私は最近、
奇蹟のようなその一枚を、会う人会う人に、
見せびらかして自慢しています。うひひ。

オリンピックで、
銅メダルを受賞したてホヤホヤのときの錦織選手と、だもの、
こりゃぁしばらく自慢しちゃうわー、あたくし。
私にとっても大事な一枚となりました。

現在進行形の全米オープン、
勝手に近親者のようなまなざしで見守っております。
しかも快勝中。
いつも以上に、おしりに力が入ります。

それにしても、本当にすごいスター選手ですわね。
世界の頂点に立つ・・・それが夢物語ではないのですから。
[PR]
# by nanacode | 2016-09-08 13:53

■メダルラッシュはつづく■

うれしいことにオリンピックのメダルラッシュはまだまだ続いていて、
なんだか日本すごいですぞよ。

特に、男子400mリレーは圧巻だった!
まさかの銀だもの!

肉、エブリデーエブリタイム食って生きてます。
時々、人肉も食ってます。
みたいな他国選手の中の日本選手は、まるで小・中学生のちびっ子のよう。
ほかの国の選手なんて、でかくて精悍で貫禄があって、
もうみんな、こう言っちゃなんだが、タチの悪いチンピラにしか見えないし。

日本人はもともと幼く見られがちだけれど、
顔つきも背格好も、こうも差があるとただただ脅威しか感じない。

そんな中での銀!
これには参りました。
感動してしばらく鳥肌がたったよ!!!

それにしても、ウサイン・ボルトは超人を超えている。
どんなトレーニングをしたら、あんな超能力を保つことができるのだろう。
本当に人肉を食っているのではないか?
他選手を寄せ付けない、堂々とした走りは、神。
彼こそ神だ。

しかしそんな神もグラウンドを去るそうだ。

きっとまたスター選手が生まれるのだろうけれど、
しばらくは主役不在の感はぬぐえないでありましょう。


レスリング、吉田選手、惜敗。
こちらも、まさかの銀。

メダル受賞だけれど、これはうれしくないだろうな。
残念だったけれど、もう終わってしまった。
勝たせてあげたかったねぇ。
[PR]
# by nanacode | 2016-08-20 19:46

■メダルラッシュ■

オリンピック。

今回のオリンピックは日本のメダルがいつになく多くてうれしい。
今日はレスリング女子で、金メダルが3個。
これはすごいっ!

朝からずっといろいろな局で試合のダイジェストを流しているけれど、
お三方ともにタイムアウトギリギリの奇跡の逆転勝利だけに、
何度見てもおしりに力が入ってしまい、
勝利の瞬間は、観るたんびにうっすら涙が滲んでしまうのであります。

スポーツに限らず、なんでもそうだけれど、
1位というのは本当にすがすがしい。

だからと言って、2位や3位、はたまた一番最後になったとて、
一生懸命全力で臨んだ結果であれば、
それがダメというわけではないし、評価すべきことだと思う。

けれどやっぱり、1位は断トツ、
特別な輝きに満ちているのですよね。

さて、オリンピック終盤。
一番高い位置の日の丸は拝めるかしらねぇ?

とはいえ、試合がまだの、
メダルを期待されている選手は今頃ドキドキでしょうけれど。


ところで今週から宅のボンボン君は、フロリダへ短期留学中。
単独、アメリカへ渡った。

実はこの時期のエア代がべらぼうに高く、
留学の費用と通常のエア代、もろもろ雑費を足すと、
年間の学費と変わらない額になってしまう故、
通常乗り換えが1回のところを、2回の便にした。
これだけで10万円ちがうのだ。
ケチってるわけではないけれど、その差額は大きい。

本人もそれでいいというので、かなり心配だったけれど、
乗り換え2回の便を予約したのだが、
なんと、2つ目の便が4時間遅れで出発。
結局3つ目の便に乗れなかったというアクシデント発生。
しかも乗ろうとしていた3つ目の便は最終便。
翌朝まで12時間以上、どこかで過ごさなければならない。

どしゃー!
これには本人、結構ちびったろうな・・・。

乗れなかった、
シャーロットで一晩明かす説
もーどーでもいいわ

とLINEのメッセージが入ったけれど、
明らかに不貞腐れているオーラが漂っている。

彼は、出鼻をくじかれると途端にやる気をなくし、
さじを投げてしまう、アクシデントに非常に弱い男なのだ。

だがそこは海外。
自分で思い通りにならないと家では私に八つ当たりしたり、
ふて寝したり勝手気ままにやりたい放題だけれど、
そこは海外。
しかもおひとり様。
かわいそうだし心配だけれど、
ホテルを取って、次の日のエアチケットを取るということを自分でどうにかするしかない。

さーて。
人生初のエマージェンシー。


・・・結局、留学先の人に電話をかけ、
どうしたらよいのかご指導ご鞭撻をいただき、
空港近くのホテルに泊まり、翌朝も自力で空港まで行き、
リオまで行けるべ、という時間をかけ、
フロリダへ到着。

おお。えらいぞ、ボンボン。
あまりにも待ち時間が多く、
途中、

まじうんこだわ
まじうんこだわ
まじうんこだわ

と、うんこ3連発を発していたけれど、
ちゃんとフロリダへ、
そして留学先のスクールへ無事到着したのだ。

かわいい子には旅をさせよ。
だからね。
こんなことでめげずに、
(というか、海外では珍しいことじゃないしね!)
いっぱい旅して、でかい男になってくれよ!

いない2週間。
さみしいかと思いきや、全然(笑)
日々の心配事がなくなって、ホッとのんびりしてま~す。

帰りも2回乗り継ぎ。
しかも2便目と最後の便の間は12時間のタイムラグ。
今度は空港で一夜明かす。
(NYの空港近くの知人の家に泊まることを勧めたけれど、
本人が拒否したので、勝手にせぇーと、空港一晩お泊りになりました)

さぁて、頑張って帰って来いよー。
[PR]
# by nanacode | 2016-08-18 20:59

■当たり年■

確か、記憶では結婚した年の2012年だったかな。
この年は、蚊の当たり年だった。
もう毎日毎日、10か所ぐらい刺されていて、
腕も足も刺された後で汚くて、おまけにかゆいしで、
発狂しそうなぐらいストレスマックス!だったのよね。
後にも先にもあんなに刺されたことはなかったし。
家族でも私だけだったし。
あれは何が原因だったのだろう。

で、今年。
なんと、ダニの当たり年なんですよね、これが・・・。

もうね、どこに行ってもダニに食われるの。
1日最低1か所はやられている。

蚊と違って、ダニに刺された後は赤いしこりになって、
しばらくの間、ちょっと痛みを伴った強いかゆみに襲われてしまうのよね。
もちろん、痕も汚い。

家だけで食われてしまうならまだしも、
どこへ行ってもダニに刺されてしまうのだよ。
洋服にくっ付いているのが悪さしているのかなとも思ったのだけれど、
昨日泊まったホテルでは、ホテルにあった寝間着を着ていたので、
それは考えられない。
朝起きたら、4か所、ダニダニ。
それに、楽屋でも太ももに一発やられたっけなぁ。

うわーん。
何なの何なの何なの今年は・・・。

かゆいし汚いしで、やだなー。
[PR]
# by nanacode | 2016-08-01 22:54

お久しぶりですが元気ですし、そうでないこともあります


f0151838_09452376.jpg


昨日、久々に焼いたバゲット。
思いの外、美人でびっくり。

昨日は、晩御飯に合わせる為に夕方5時から仕込んだので、
発酵を人工的に早めちゃってテキトー、
パン生地の温度もテキトー、
形成もテキトー、
だったのに。

肩の力が抜けるどころか、
ハナっから入れてなくて、
とりあえず、食べられればいいや、
なんて具合だったのですけれどね。

だからこそ、
こんな美人がオープンから出てくると、
おおおおおおーーー!なのです。

気合い入れて焼くとブスになる確率高いしね。
九分九厘ブスと言っても過言ではないぐらい。
なんでかしらね。

物事ってそんなもんなのかしらね。

ところで、最近とってもドラマちっくな夢ばかり見ている。
ドラマちっくとは、ドラマチックとは違って、
ええと、テレビドラマみたいな夢、
という意味が近いかな。

脚本ありき、みたいな内容でね。
夢なのに、
ちゃんとつじつまが合うし、
逐一細かいところまで鮮明に記憶があるのです。
短編映画一本観ているみたいで、
時には疲れることもあるけれど、
それはそれで楽しんでおります。

あ、こういうの、メモっておいたほうが、
いいのかな?
将来、直木賞をいただくために(≧∇≦)





[PR]
# by nanacode | 2016-07-08 11:43

■チッチ■

チッチ、大きな手術からちょうど20日過ぎて、
やっと全部包帯が取れました。
よかったよかった!

結局、チッチは、モモと同じ病気ということが判明。
モモが手術後、3ヶ月であっけなく逝ってしまったことを考えると、
なんとも言えない気持ち。

でも、動物だから。ね。
その日が来るまでは、
いっぱい触って、だっこして、なるべく一緒にいてあげようと思う。

幸い、とても元気。
食欲もある。水も飲むし、ウンチも出てる。

とはいえ、モモも術後はとっても元気だったので、
ぬか喜びはできないけれど、
でも、ぐったりしている姿を見るよりはいい。

チッチはモモと2匹でいた頃、
モモのことをいじめてばっかりいた。
とってもやんちゃでちゃっかりしていて、
人懐っこくてあまえん坊で、
手のかかるガキんちょ、という感じでメス猫には見えなかった。

でも、私が結婚して、
今の家に引っ越してきて、
家が変わったことに強いストレスとショックを受けたのか、
すっかりおとなしい、しょんぼりした人見知りの猫になってしまった。

ほどなくしてモモが死んで、1匹になって、
やっとのんびりのびのび、家にも慣れたと思った矢先、
いたずら、意地悪好きのヤンキー猫が来てしまい、
またまたストレスの多い日々に逆戻り。

そんなこんななうちにチビまる子がやってきて、
最初はとってもストレスがあったものの、
ヤンキーとチビまる子がツルむようになってからは、
いい意味でアウェイな日々。
のんびりおひとり様を満喫中。
猫相関図が落ち着いたな、と思った矢先に腫瘍が見つかった。
で、今に至る、というワケ。

なんだか、ちょっと大げさかもしれないけれど、
人間も、動物も、
「人生」の法則みたいなものって、変わらないのかもなぁと、そんな風に感じる。

長年、頭を抱えていたことに突然(・・・本当に「突然」なんですよね)道が開けた!
なんて矢先、またまた別の問題が発生。
くぁーーーーそうきたかー、それは想定外だった・・・と、頭を抱える。
またまたモンモンとするが、あるとき突然解決!
・・・しかしまた別の問題が。。。。。。。以下、エンドレス。

結局、このくりかえしのような気がするのです。人生って。
なんて、達観したようなこと言ってしまうけれど。
でも、終わりまで終わりはないんだなと、
当たり前のことだけれど、そう思うのです。
うまく言えないけれど。

よかれと思ったことがのちに人生の足を引っ張ったり、
その逆だったりと、
本当に人生は、分からないものです。

なんか、今日は、
相田みつをとか瀬戸内寂聴の本でも読んで、
しみじみっとしてみたい気分ですが、
いろいろあれど、
とにかく、チッチセンセイには、
長生きしてほしい、その思いだけでございます。

最近、何かの雑誌で読んだっけな。
飼い猫に、
いつ死んでもいいから、
老衰以外では死なないでくれ、という内容のコラム。
何の雑誌だか忘れたけれど、
猫に限らずペットや動物に関してはその通りだと思う。

しかし、人間もそう皆に思われているのかというと、
ぜんぜんそうではないところが面白い。
時折、本当に心の底から「こいつ死んでくれないかな・・・」と、
思われることや思うことがある、っちゅー現実。
f0151838_721684.jpg

手前は包帯取れて、死体にしか見えないぐらいくつろぎ過ぎなチッチ先生。
後ろは、風呂上がりの宅のターバン王子様。

ターバン王子に関しては、さすがに死んでくれとは思ったことはないものの、
こっぴどい反抗期に手を焼いて、
畑に埋めんぞコラ!と思ったことはいっぱいアル。
そしてそんな反抗期ピークの時、王子はきっと私のことを、
「うっせーな死ねばばー」と心の中で思ったに違いない。
[PR]
# by nanacode | 2016-05-26 23:10

■やるやるやる■

やりたいこと
やらねばならぬこと
やりたくないのにやらねばならぬこと
やらなくていいのにやりたいこと

この4つが、ぐるぐるぐるぐるなここ最近。

結局、あーだこーだ、
頭の中で考えているだけで、
気づくといつの間にか寝ている。

このままじゃ、〆切り地獄へようこそ、
と、またまたエンマさまに呼ばれてしまう・・・。

今まで、何度も何度も地獄から生還しましたが、
体力の衰えとともに、年々きつくなってまいりました。

ところで、チッチ。
元気なし(TーT)
とてもかなしい。
[PR]
# by nanacode | 2016-05-16 21:13

■出産■

チッチが手術してからずっとウンチをしていなくて、
さすがに心配になり、またまた今日病院へ。

おじいちゃん先生が聴診器でお腹の音を聞いてくれたのだけれど、
とりあえず腸は動いているから、そこまで出さないで頑張っちゃっているなら、
今日か明日あたり、出るんじゃないかな?
とのこと。
お腹のマッサージもしてくれた。

とはいえもう6日経つので、お薬をいただきました。

そして、先ほど無事出産・・・・!!!!

きれいなモノの話ではなので、書くのもナンですが、
もうびっくりするぐらいの量が出てね、
猫のレベルをはるかに超える、
ちょっとした人間レベルのモノでしたので、
うひゃー!でした。
(飛んだんだよ)

こんなちっこい体にこれだけため込んでたら、
こりゃぁ、さぞかし苦しかったろうねぇ。

こころなしか、すっきりした表情のチッチ。

たまたま私も「出産」場面に出くわしてしまったため、
一緒に踏ん張ってしまったのよね。
なんだかぐったり疲れました。

ああ、でもひとつ心配が減った。
よかった。
[PR]
# by nanacode | 2016-05-12 22:28