■ななちゃんねる通信■

nanacode.exblog.jp
ブログトップ

今さらですが

あんなに大嫌いだったというか、
好き嫌いの範疇にも入っていなかったぐらい、
全く無関心だった古典を、
なんと今、嬉々として読んでいる。
人生、何がどうなるのかわからない。
今、読んでいるのは名著中の名著、枕草子。

中学、高校の時、
枕草子のほんの一部を習ったような、
かすかすな記憶があるけれど、
本当につまらなかった。
あの有名な「春はあけぼの、、、」も、
テストに出るからと無理やり暗記させられたので、
その部分は今でも覚えているけど、
だからと言って人生観が変わるようなことなど何もなかった。

ところがどっこい、それから30年以上過ぎた今。
わずかなきっかけから、
俳句を初めて一年半余りになり、
それから歳時記や句集、歌集を読むようになって、
今や古典に行き着いた。
そして現在、私の中のキラキラ女史はダントツ清少納言様なのであります。

超にわか清少納言ファンなため、
原文解読には至っていないけれど、
訳本をたくさん読んでいる。
訳本は真面目ものからかなりおちゃらけているもの、
漫画までと、多数あるけれどそれぞれに面白く、
とにかく清少納言の洞察力と筆の力には、
ニヤニヤしてしまうことばかりなのだ。

まぁ、悪口の多いこと多いこと。
これが辛辣で本当に楽しい。
いろいろあるけど、
ブスについての悪口の章は、
おいおいそこまで言うかー、
なんて感じで、もうたまらん!なのです。


読んでいてわかったのは、
「いとをかし」は、いいね👍
「いとわろし」は、ちょーキモい👎
と同じなのだということ。
そういう解釈をしたら、
なんだか一気に目の前が開けて、
文章がグッと身近になった気がしたのだ。

なんでこんな風に教科書や、
せめて先生は教えてくれなかったんだろう。
「いとをかし」は、風情があってよい
「いとわろし」は、好ましくない 感心できない
なんて訳して教えるから、全然興味がなくなるではないか。

ちょーキモいなんて訳が正しいとは思わないけど、
枕草子を覚えて欲しいがための、
導入としての訳なら絶対にこっちの方が興味深い。
だって、私たちに身近な言葉なんだもの。そっちの方が。

導入はなんでもいいのだ。
ヨコシマでも不純でも方向性が間違っていても。
とにかく、知って欲しい!わかって欲しい!
って時には、上品ぶっていたって誰も来やしないのだ。
敷居を低くして、
ほーら、言わないだけで、
あんたもホントはブスってやーねって思ってるんでしょ?
と誘い水を出せば、うんうんと誘い水に引っ張られる人は多数いるのだ。

まぁ、教科書にそんなこと載せたらたちまち大炎上でしょうけれど、
けれどその方が興味の度合いは段違いだと思うのですよ。

当たり前だけど当時はSNSなどなかったから、
ノートの中の出来事に過ぎなかったけれど、
今、清少納言様がご健在でしたら、
自分の意見を発信し続けている、
立派な辛口コメンテーターでしょう。
嗚呼、その棘のあるお言葉に打たれたい。
なんて思ってしまうぐらい、今、トリコなのです。

もう一つ気になっているのは、紫式部。
源氏物語が有名ですが、
興味のあるのは、紫式部日記。

ここに、清少納言様の悪口がかかれているのです。
知ったかぶりの大したことない女だ
的な批判がつらつらと。
今だったら訴訟問題にもなりそうな内容。

あー、ここまであからさまなんて、
なんと楽しい。

今も昔も、
異性に興味があって、
ライバルの同性に火花を散らし、
よそのどうでもよいことにあーだこーだと註釈入れるのは、
なーんにも変わっていないのだ。

なんだかそれが「いとをかし」でございますし、
進みゆく老眼が災いして少しずつしか読めないのが「いとわろし」でございます。

、、、とか言っちゃって、
ニワカカブレでございました。おほほ。











[PR]
# by nanacode | 2018-05-19 14:52

まさかー

f0151838_22161036.jpg

なんということでしょーーー!!

なんとー!!
みぃみぃちゃんが、
発情期っ!!!!!
( ̄◇ ̄;)( ̄◇ ̄;)( ̄◇ ̄;)( ̄◇ ̄;)
がーーーーん!!!

つい最近まで、
ミルク飲み人形だったじゃないかっ!!!

うっわー、、、
(;ω;)

今月の下旬で9ヶ月なので、
まぁ、来月頭ぐらいに避妊手術を、
なんて思っていたのですが、
こんなに早く発情期なんて。



真面目な話をすると、
本当は発情期になる前に避妊手術をしたかった。

避妊手術をすると、
性ホルモン系の病気になりにくいと言われているけれど、
それは発情期前の手術に限ったことらしいと、
猫を飼い始めてずいぶん後になって知った。

前に飼っていたチッチは、
避妊手術をしたにもかかわらず、
乳腺ガンで死んだ。
避妊手術をしたら、
そういう病気にならないと思っていたので、
乳腺ガンとわかった当時、
え!避妊手術したじゃん!と、
それはそれはショックだった。

なんで?なんで?といろいろ調べたら、
前述の通り、と知り、
なんでもっと気をつけてあげられなかったのだろうと、とても悲しい思いをしたのだ。

結局チッチは、ガンの摘出手術をしたものの、
それから8ヶ月ぐらいで死んでしまった。 

タラレバの話ではあるけど、
発情期前に避妊手術をしていたらもう少しチッチは長生きしたのでは、、と、
後悔となって未だに自分の心の中で、
実は実はくすぶり続けている。
 

そんなこんななので、みぃみぃは、
発情期前に手術をしなければと、
ずっとずっとずっと思っていたのに。
昨日からとうとう発情期。

嗚呼、、、。

いや、だからと言って、
乳腺ガンになるわけではないけどね。
でも、自分の不注意で、
乳腺ガンのパーセンテージを上げてしまったのは事実。

前に飼っていたモモもチッチも、
乳腺ガンで死んでしまったので、
(モモは避妊手術をしなかったし)
また飼い猫があの病気に、
と思うと、それは絶対に嫌だと思ってね。

まぁ、でもね、
いつかは死ぬし。
仕方ないというか、
看取るのが精一杯の愛情だから、
んー、考えすぎても良くないかな。

だからせめて、
餌だけでも良いものをと、
穀類フリーオーガニックのカリカリと、
添加物無添加のウェットフードをあげ続けている。
×4匹分なので、
案外バカにならない値段なんだけど、
それはせめてもの罪滅ぼし。

みぃみぃちゃん。
ごめんよ🙏

来週18日手術。
自分のスケジュールが合わず、
1週間後となりました。
。゚(゚´ω`゚)゚。みぃみぃー。












[PR]
# by nanacode | 2018-05-10 22:15

どエライこと

またどエライ事件が新潟で起こってしまった。

死体遺棄とか、
バラバラ殺人事件とか、
そういう事件は古今東西、
ゴマンとあったし、ある。

その理由のほとんどは、
殺害したあと死体をどうしたらよいだろう、
このままだとバレちゃう、
という自分勝手で切羽詰まったゆえの犯行であろうと思うので、
殺人なんてもってのほかではありつつも、
その行為は一般人の想像の範疇だったりする。

けれど、
今回の新潟の事件とか、
古くは酒鬼薔薇事件とか、
宮崎勤の事件とか、
そういう事件は、
恨みつらみの末の事件とは違う狂気が渦巻いている。

人を殺して人間の内部を見てみたいと思ったゆえの犯行と、
はずみで殺してしまったので遺体を処理したいと思ったゆえの犯行とでは、
同じバラバラ殺人でも背景の闇は全く違う。


遺体を電車に轢かせるという行為と思想に、
命の大切さを訴えたところで、
何の光が見えよう。
言葉もない。 

こういう事件があるたび、
うちの子は、うちの親戚は、と、
しなくてよい心配を生み出してしまう。

子育てしにくいのは、
社会や政治のせいばかりではなくて、
想像もつかないことをやらかす同じ生き物が近隣にいるというのも、
理由の一つかもしれない。

犯人は今、何を思っているのか。
重すぎる事件。

痛かったね。






[PR]
# by nanacode | 2018-05-09 11:14

カツオ

ここのところ、
カツオのお刺身を食べまくっています。
美味しいし、安いし!

なので、今日もカツオです。
と思い、たまたま行ったスーパーでカツオを探すも見当たらず。

カツオのサクはありますか?
と店員さんに聞いたら、驚愕のこたえ、、、!

あー、今年、カツオ、
アニサキスすごいんすよ。
ほぼ100パーいますね。
うち、クレーム来ちゃったら営業停止とか、
困っちゃうんで、今年は入れてないんすよ。
お客さんも気をつけてくださいね、
よそでは安く売ってるみたいだから、、、、

な、な、な、な、なんですと!!!!

o(`ω´ )oまぢかーーー!!

火ぃ通したり、
よく噛んだりすれば大丈夫なんですけど、
って、あーた!そーゆー問題でなく、
なんか、やじゃないーーー💦

魚の身の中に入っちゃうから、
見ただけではわからないことも多いらしい。

ひぇーーーーー( ̄▽ ̄;)   
カツオーーーーーー。




[PR]
# by nanacode | 2018-05-03 22:49

ファン

大好きな料理研究家がいて、
その人のブログの更新をいつも心待ちにしたアタクシ。
更新があったら、
スマートフォンのトップ画面に表示されるように設定しているほど、
その人には心酔している。

しかし、その方、
この春から子供のお弁当作りが始まったらしく、
内容は弁当弁当弁当弁当弁当。
なんかつまんなくなったな、、、。
と感じているアタクシ。

お弁当もね、たまにならいいけどね、
毎日毎日毎日毎日、
あたし、頑張って作ってますって送られても、
正直うっとおしい。
あーそーですか、すごいすごい。
と、イジワルく思ってしまう。

あたしゃー、
弁当のオカズなんて全然興味ないのじゃ。

その方は、素人とは思えぬような、
美しいバゲットやカンパーニュをガンガン焼いちゃう、
スーパー主婦なのだ!!!
誰でも作れるようなゆるいオカズを記事にしたところで、
何の魅力があろう。
あんたはそんなタマじゃないんだよ!
(あんた呼ばわり)
あのシュッ!とした、
指の切れそうにエッヂの立ったバゲットを作って、
いっぱい写真をアップしてくれ!
お願いだ!!!

と、弁当記事が送られてくるたび、
がっかりして文句を垂れている、、、( ̄▽ ̄;)

しかし、ファンは何と勝手なことか。
わはは!!


今日は久々にバゲット焼こう🥖





[PR]
# by nanacode | 2018-04-30 09:33

葉子さま

ああ!!
NHK俳句!!
第2週の司会が!!

岸本葉子さまっ!
( ;∀;)

[PR]
# by nanacode | 2018-04-15 21:50

ミドル級

ただいま村田諒太の試合観戦中!

おぼっちゃま「ミドル級って体重何キロ?」
わし「わしとおんなじぐらいじゃね?」
おぼっちゃま「それはヘビー級」

( ̄▽ ̄;) 即答されたよ。

今年こそ痩せるんじゃ!!!

[PR]
# by nanacode | 2018-04-15 21:21

ボクちゃん

一人称。
私の世代、もしくはそれ以上の年齢の女性のほとんどは、
「私」だと思う。
発音的には「わたし」ではなく「あたし」だけれど、
ほぼほぼ「私」だ。

もう少し下の年齢になると、
ニックネームや自分の名前が一人称、
というのもある。

でもやはりある程度の年齢のご婦人は「私」でありましょう。

しかしながら実はアタクシ、
一人称が「ボクちゃん」と「わし」
使用率は、ボクちゃん6割、わし3割、私1割。
仕事のやり取りや、
小難しい話をしているときは「私」だけど、
ちょっと気がユルむと「ボクちゃん」と、
口が勝手に動いている。

もう長年「ボクちゃん」「わし」を言い続けているので、
近しい人は何とも思っていない、と思うけれど、
初対面の人にとっては。
は?
だろう。きっと。

そんな自分のことは棚に上げておきつつ、
稀にいる、イイトシして自分の名前に「ちゃん」を付けて話している人に対し、
ベタベタした気持ち悪さを感じている私。
しかし、それと自分は何ら変わりないのだよ、
というのを、そろそろ自覚しないといけない。

わかっているのだが、口癖は直らない。
すぐ「ボクちゃん」が口から出てくる。

最近は主人にも指摘をされた。
彼はとても優しいので「ボクちゃん」をやめろとか、
気持ち悪いとかそんなことは言わないけれど、
「自分のことボクちゃんっていう人、
ナナエサンと○○チョしか知らないよ」
と言う。

○○チョ、とは共通の知人。
苗字のアタマ二文字を取って○○チョ、
と呼ばれている、やり手のビジネスマン。
五十代半ばの彼は、フットワーク軽く、
あっちこっちと事業を広げるのが上手い。
会うたびに「今度××を始めましてね、
△△に事務所作ったんですよ」
と、新しいことを増殖させている。
(しかもそれが必ず拡大)
本当にすごいなーと感心するのだが、
プライベートとなると、彼は確かに、
ボクちゃんね、
となるのだ。

私も「ボクちゃん」なので、
○○チョが自分のことをボクちゃんと言うのを、
別におかしいと思ったことはなかったけれど、
やっぱり、傍目に変ですかね?ボクちゃん。

主人に、やめてほしい?と聞いたら、
いや、そういうのじゃないけどさ、
ボクちゃんなんて言ってる人いないよー、と言う。

あー、良いとは思ってないんだなー。
と言葉の端々でわかるけど、
ボクちゃんは止まらない。

心理学的には「幼児性が抜けていない」と必ず書いてあるけれど、
自分にちゃんを付けていることを「幼い」なんて、
誰だってわかるような、なんとペラペラな理論。
もっと「ボクちゃん」は根深いのだ。


ボクちゃん、、、

あらためて考えると、
ちょっとばかり愛着がわく。
だがしかし、もうすぐ御歳50。
もうそろそろ封印した方が良き、でしょう。

そろそろサヨナラ、ボクちゃん。
、、、たぶん、まだまだ使っちゃうけど。
























[PR]
# by nanacode | 2018-04-14 15:25

ロス

好きで観ていたテレビ番組の司会が四月から変わってしまった、、、。
なんだかそれだけで、番組の魅力半減。
という気分。

きっといろいろなプレッシャーもあるであろう新しい司会の方には大変大変申し訳ないけど、
「新しい」が体に馴染むには、
ご本人のみならず、受け手にとっても少し時間がかかるものなのだ。


NHK俳句
私はこの番組司会の岸本葉子さんが、
いたくお気に入りでした。
彼女の声はしっとりと優しく、
上品な艶っぽさがあったのです。
そして語調はとてもゆっくり。

このゆっくりさ加減と声のトーンが何とも心地よく、
あー、いいなぁ、いつかこの人に自分の句を読んでほしいなぁと、
しみじみ感じさせるのです。

あのお顔立ちと佇まいと、声が素敵で、
私は美容師さんに、
「岸本葉子みたいな頭にしてくれー」
と頼んでいるほどです。

しかし通常「岸本葉子」と聞いて、
ああ、はいはい、と理解できる人は皆無でしょう。
美容師さんとて同じ。
なので画像を見せたり身振り手振りで、
こーしてくれあーしてくれと説明するのが、
3ヶ月に一度起こっています。

四月からの司会は小林聡美。
実はこの人もカラッと明るくてひょうきんで大好きです。

が、やはり、句の読み方は先の方とは段違い。
違うんだよなー違うんだよなーと思いながら、
小林聡美司会の第一回目を見届けました。

・・・ロス
という言葉がありましたが、
まさに私は葉子ロス。
なんで番組ディレクターは新しい司会にしちゃったのだろうか、、、。
いや、好きですよ、小林聡美。
だけど違うのよ。
小林聡美の個性が生きるのはあの番組じゃないのよ。
そう言いたい。

教養番組は、楽しくて観ているというよりは、
あくまでもお勉強を主体としているので、
司会とか出ている先生とかの影響が、
番組が地味な割に、案外大きいのです。

だってお勉強ってそうでしょう。
嫌いな先生の担当科目って、
興味なくなるし、
人気のある先生が教えてくれる科目は、
ちょっと頑張ってみようかな?って気になるし。
先生の好き嫌いと成績が必ずしも直結するとは限らないけど、
気分としてはそうなってしまいます。

とは言え未だに、
テレ朝の夜10時は久米宏じゃなきゃ、
なんて言っている人はいません。
ニュースステーションが終わり、
報道ステーションと番組名が変わって、
司会が古舘伊知郎になったときも、
ずいぶん世間からパッシングを受けていたものです。
当時の世間は、
あの時間帯に久米宏を見ないと違和感を感じたのです。 

しかし後に、古舘伊知郎はあの時間帯の顔になりました。
その古舘伊知郎も今はいません。
報道ステーションでは新しい司会になってずいぶん経ちます。
月日が経って、久米宏も古舘伊知郎も、
そのカラーはその時間帯からなくなってしまったのです。

NHK俳句とてそうなるでしょう。 
私も小林聡美のトーンに慣れてくるでしょう。
ひょうきんなことを言って、
番組を盛り上げて新しい風をつくってくれるかもしれません。

でもやはり、岸本葉子は素晴らしかった、、、。
今は、その余韻に浸っているところです。

テレビの中葉子不在の春逝きて (T . T)


、、、敬称略、、、

























[PR]
# by nanacode | 2018-04-09 09:17

おぼっちゃま 19の春

3月5日からおよそ1か月、
我が家のおぼっちゃんは白馬スキー場へアルバイトへ行っていた。

1か月もいないとさみしいかなと思いきや、
いやースッキリスッキリ。
さすがにお留守番させるのが心配なんて年齢ではないけれど、
仕事や用事があって家を空けるたび、
私がいない分の食事の用意をしてから外出しなければならなかったので、
それがなくなるだけでなんというスッキリ感。

おかげで時間も何も気にせず、
思いの外ご主人くんともゆっくり食事に出かけることができたりで、
開放感に満ち溢れた1か月だった。
が、昨日で終わってしまった。
帰ってきたのだ。

でも、今日帰る、となると、
あーまたご飯作んなきゃというのはあれども、
嬉しい気持ちもあったりする。
アルバイトして少しは大人になったかなー、
なんて淡い思いを抱いて待っていた。

そして、、、。
夜遅くに、玄関が開いておぼっちゃんがご帰宅。

ただいま!今月の小遣いちょうだい!

人の顔を見るないなや、こう言ったのです。
本当に首シメようかと思いました。

d( ̄ー ̄ ) ふぁっきゅー





[PR]
# by nanacode | 2018-04-03 14:20