■ななちゃんねる通信■

nanacode.exblog.jp
ブログトップ

■編みむめも■

ラジオのリスナーの方が、
1月は行く、
2月は逃げる、
3月は去る、
と言われている、と教えてくださった。

そういえば、むかーしおんなじことを、
どっかで聞いたことがあるなぁ・・・なんて思いながら、
お便りを読みました。

2012年、今のところ、このとーりになっております。
なぜだか慌ただしい。
(あれ?慌ただしい?慌だたしい?どっちだっけ?
いっつも分からなくなる)


ところで、仕事の合間の楽しみのため、
ココ最近、
ついに禁断の編み物に手を出してしまったアタクシ。
とはいえ、何を編むでもなく、ただただ指先を動かしていたいだけなので、
編んじゃーほどき、編んじゃーほどき、の繰り返し。

ってなわけで、時折、手芸道具屋さんに出向き、
毛糸やら編み物の本なんぞを物色しているのですが、
長年、編み物禁止令を出している最中、
編み物界に異変が起こっておりましたのですね。
驚きました。

いわゆる、
【彼に編んであげるセーター】的な編み物の本が全く書店にナイ!ということです。
全くと言うのは言いすぎかもしれませんが、
しかし、
全くと言っても大げさでないぐらい、全くナイ!のです。

思えばかれこれ、20年ぐらい前でしょうか?
私が編み物に熱中していたのは。
でも、そのころは世間でもそこそこ流行っていたのです。
その証拠に、
当時のアイドルや人気俳優などは、
こぞって手編みのセーターの本のモデルになって、
写真集のような感じで出版されていましてね。
あたしも何冊も持ってますよ。
まぁ、つまりは、
そういう本を買う人がいる時代だった、っちゅーわけですね。

今でいう、向井理、瑛太、三浦春馬、妻夫木聡、
それからそうね、
予算が合えばチャン・グンソクあたり、でしょうか。
20年前だったら、確実に手編み本モデルのターゲットとなっていたことでしょうに。

しかし、時は過ぎ2012年。
ナイ。1冊も。

売れに売れて在庫がないとは考えにくいので、
やっぱりナイ、つまり出版していないということなのでしょう。

ついでに言うなら、
毛糸売り場も探しにくくなりました。
昔は、もっと容易に、
そして安価に毛糸を手に入れることが出来たような気がしますが、
今はそうでもなく、売り場面積も小さくなっている気がします。


確かに、思い起こしてみれば、
ここ何年も、明らかに手編み!
みたいなセーターをまとっている殿方を見た記憶がありません。
昔は案外居たんですよ。
明らかに手編み!みたいなのを着ている殿方が。
ほほえましい反面、あーあ、みたいな感じもあったけれど、
手編みのセーターはしあわせのシンボル。
着ている殿方も、ちょっぴり誇らし気だったのよ。

それに、電車のなかで編んでいる人も、とんと見ない。
本当に昔は居たんだよね。
席に座っておもむろにカバンから編み物道具だして、
電車の中でコツコツ編んでいるおばちゃんが。

ある意味、淘汰されつつある芸事なのかしら。
編み物って。

とどのつまり、
編み物人口自体が激減しているので、
自動的に、彼のためにセーターを編む人も激減、
ってことで、彼のための手編みのセーター本もナイ。
ってわけなのかしら。

ん?まてまて。編む人がいないというよりも、
それを好んで着てくれる殿方の人口が減った、
ってことで、彼のための手編みのセーター本もナイ。
ってのも一理ありそうですわね。


どうなんですかね?
殿方は、手編みのセーター、
欲しいですかね?
もちろん、
とても愛している姫から&とてもお上手な出来栄え、
という条件を満たした場合ですが。

でもねぇ、、高校生とか、ハタチそこそこの殿方ならいざ知れず、
しじゅー、ごじゅーになって、手編みのセーターをまとうってのも、
イマイチ、あーあ・・・な感じなんでしょうか?やっぱり。

わからない。
が、
とりあえず、
流行ってはいないようだ。よね。
[PR]
by nanacode | 2012-02-06 02:49