■ななちゃんねる通信■

nanacode.exblog.jp
ブログトップ

ボクちゃん

一人称。
私の世代、もしくはそれ以上の年齢の女性のほとんどは、
「私」だと思う。
発音的には「わたし」ではなく「あたし」だけれど、
ほぼほぼ「私」だ。

もう少し下の年齢になると、
ニックネームや自分の名前が一人称、
というのもある。

でもやはりある程度の年齢のご婦人は「私」でありましょう。

しかしながら実はアタクシ、
一人称が「ボクちゃん」と「わし」
使用率は、ボクちゃん6割、わし3割、私1割。
仕事のやり取りや、
小難しい話をしているときは「私」だけど、
ちょっと気がユルむと「ボクちゃん」と、
口が勝手に動いている。

もう長年「ボクちゃん」「わし」を言い続けているので、
近しい人は何とも思っていない、と思うけれど、
初対面の人にとっては。
は?
だろう。きっと。

そんな自分のことは棚に上げておきつつ、
稀にいる、イイトシして自分の名前に「ちゃん」を付けて話している人に対し、
ベタベタした気持ち悪さを感じている私。
しかし、それと自分は何ら変わりないのだよ、
というのを、そろそろ自覚しないといけない。

わかっているのだが、口癖は直らない。
すぐ「ボクちゃん」が口から出てくる。

最近は主人にも指摘をされた。
彼はとても優しいので「ボクちゃん」をやめろとか、
気持ち悪いとかそんなことは言わないけれど、
「自分のことボクちゃんっていう人、
ナナエサンと○○チョしか知らないよ」
と言う。

○○チョ、とは共通の知人。
苗字のアタマ二文字を取って○○チョ、
と呼ばれている、やり手のビジネスマン。
五十代半ばの彼は、フットワーク軽く、
あっちこっちと事業を広げるのが上手い。
会うたびに「今度××を始めましてね、
△△に事務所作ったんですよ」
と、新しいことを増殖させている。
(しかもそれが必ず拡大)
本当にすごいなーと感心するのだが、
プライベートとなると、彼は確かに、
ボクちゃんね、
となるのだ。

私も「ボクちゃん」なので、
○○チョが自分のことをボクちゃんと言うのを、
別におかしいと思ったことはなかったけれど、
やっぱり、傍目に変ですかね?ボクちゃん。

主人に、やめてほしい?と聞いたら、
いや、そういうのじゃないけどさ、
ボクちゃんなんて言ってる人いないよー、と言う。

あー、良いとは思ってないんだなー。
と言葉の端々でわかるけど、
ボクちゃんは止まらない。

心理学的には「幼児性が抜けていない」と必ず書いてあるけれど、
自分にちゃんを付けていることを「幼い」なんて、
誰だってわかるような、なんとペラペラな理論。
もっと「ボクちゃん」は根深いのだ。


ボクちゃん、、、

あらためて考えると、
ちょっとばかり愛着がわく。
だがしかし、もうすぐ御歳50。
もうそろそろ封印した方が良き、でしょう。

そろそろサヨナラ、ボクちゃん。
、、、たぶん、まだまだ使っちゃうけど。
























[PR]
by nanacode | 2018-04-14 15:25